もずのわくわく劇場日記 No.15


2001/07/08(日) デラックス歌舞伎町

「ももこ・女豹 編」


■ 豹になったももこ・・・

幕がゆっくりと左右に分れると、ブルーとパープルの照明が光量を上げる。舞台の中央に何やら豹柄のクロスが床からモコモコと盛り上がっていた。擬音に近いBGM がスピーカーから発せられる。するとその豹柄の盛り上がったクロスが、中から外へ向かってバタバタと動く。ピンスポットが丸く大きめにそれを照らし出す。BGM が大きく流れる・・・

豹柄の盛り上がったクロスが取り払われると、網をかぶせられた一匹の女豹が現れた ! ももこの登場である。どうやら今回の「ももこ嬢」は女豹となったようだ。BGM はオーケストラによる曲で、曲中のティンパニーがリズムと踊りのキーポイントになっており、ダン・ダン・ダン♪ と言うタイミングで、「ももこ」の腕のリズムが決定されている。

「ももこ」の出で立ちと言えば、髪は耳の両サイドに毛皮の襟巻きのような付け毛 ? というのか。を垂れ下げており、額に細く黒いバンド、セパレーツの豹柄のトップと、のれん風のスリットが入っているスカート、手先には黒の手袋風、足元はアンクルバンドに裸足。見た感じだとあれでメイクが濃ければ、劇団四季のキャッツのキャラクターを思わせる。

ここまで見た感じでは、アフリカのジャングルで人間の仕掛けたワナに捕らえられた一匹の女豹が、ワナの網の中でもがいていると言った場面の様である。

正座の上体で上半身を前に倒し、かぶっていた網を振り払いながら立ち上がり、ターンを繰り返しながら要所・要所でピシッ ! ピシッ ! と体と腕を止めるキレの良いダンスはとても心地よく見ていられる。中々ワイルドな野生の女豹を感じられる場面だ。ひとしきり網の中で暴れた女豹は、疲れたのか逃げられないと観念したのか、やがておとなしくなる。

シモテを向いて座り、伸ばした両足のうち右ヒザを折り、両手でそれを抱え込み、うなだれながら夜の戸張の降りたジャングルにいでた月を悲しげに見上げるのだった。多分、この時あてられていた丸く大きなピンスポットを月に見たてていたものと思う・・・

BGM が変わると、ゆっくりめのテンポになり、舞台の上に用意した真っ赤なハイヒールを手に持ち、それをいとおしそうに胸に抱えてからそれを上へ高く腕を伸ばして印象付ける。そしてそれを両足にはき、花道から盆へと進む。花道の上では両足を滑らせる様に前後に開脚するポーズも見られる。実にスムーズかつ、滑らかな演技である。

盆にたどりつくと、豹柄のセパレーツのトップの衣装の首に巻いてある部分をはずす。この時スカートは脱いであり、豹柄の下着になっていた。曲もベットにふさわしい静かなものになっている。ゆっくりとした動きのベットでも、キチンと猫科の豹の動きを再現している所が見所。このベットは先に述べた様に、何とも悲しげなベットになっている。

盆の上、頭をカミテ側、足をシモテ側にして上半身を斜めに起こすポーズで左手を盆に着き、目を伏せながら右手の手先を折り曲げて猫が顔を洗う時のような仕草で、涙をぬぐう・・・いくつかのポーズを織り交ぜながら顔を上に向け、月に向かって何かを祈るような仕草をし、両手両ヒザを付き四つんばいになると、盆の上をチカラ無く静かに這う。この時の動きも猫科の特徴的な歩き方をさりげなく演じている。

ベットを終え舞台に戻った女豹「ももこ」はラストシーンの短いダンスをすると、オープニングの時に使っていた網を再び頭からかぶり、床の上に伏せ顔を上げると野生の鋭い視線を客席へ向けて FIX 照明が落され END となった。



■ 編集後記

ももこ嬢のステージ久しぶりでしたが、やっぱりいつ見ても素敵な舞台でした。まばたきするのも忘れてしまうくらい、ステージに引き込まれてしまいますね〜♪ なんて言うか、ももこさんの口元にあるホクロを見るのが好きでして・・・ (爆 !) とってもセクシーで背中がゾクゾク、電気が走っちゃいます。まぁ、ポラなしソロダンスのステージで与えられた持ち時間は18分・・・短くないか ? 何となく出し物的にも何処かのシーンが、カットされているような気がしました。ストーリー物なんだけれど、前振りのオープニングとベットへの導入部での「赤いハイヒール」が結びつかなくて、釈然としない感じ・・・でしたが、全体的には何となく雰囲気つーか、シチュエーションは掴めたのでこんな感じのレポートになりました。

オープンショーはやっぱりダンスカッコ良かったんですけれどぉ、なぁ〜んか締めくくりがスカッ ! と終わらないで曲が勝手にフェイドアウトして、照明がついたまんま。ももこさんも笑顔、全然無いって言うか、憮然 ! としたままズルズル引っ込む・・・あれぇ ? 何かあったの ? って感じ。1〜3回目までずっと。(私は3回目で帰ったからね)

ロビーにいる時、耳をそばだてていると何となくそれらしい話が聞こえて来たんで、あ〜なるほど・・・ストレス溜まってたんだぁ・・・まぁ、インサイダー情報になるから詳しくは書く事は出来ないですけど、無理もないよなァ〜って感じです。私個人的にも 8香盤でポラの時間無制限、挙句の果てに踊れる踊り子さんのステージが「 W 」になっちゃうって言うのは、正直なところ不満です。

一巡するのにやたら時間かかるし、果たして 8香盤が「豪華♪」と言えるのか疑問ですな。6香盤+フィナーレで、内容を濃くして本編であるダンスのカットや「W」のステージ無しでやって頂ける方が嬉しいんだけどなぁ〜って言っても色々事情があるからね、仕方ないです。まっ、これは私の個人的な希望としての話でございます。 (^。^)




[ INDEX ] [ 観劇日記 ]