もずのわくわく劇場日記 No.31


2002年 3月21日 (木) わらびOS劇場 「もず、涙の応援隊 編」


[ 今回の目次 ]

 1. The 8th anniversary " Rio Watanabe " in 川崎ロック

 2. 一方、「もず」さんは・・・

 3. 3月21日(木)わらびOS「遅れて来た男」

 4. おまけ♪


1. The 8th anniversary "Rio Watanabe" in 川崎ロック

3月17日(日)、その日に競演の踊り子達と大勢のお客達、そして頼り甲斐のある劇場スタッフ達に囲まれて、渡辺理緒 嬢はステージの上、スポットライトを浴びていた。そうこの日は2回目の香盤終了後、「渡辺理緒デビュー8周年(祝♪) 」の記念イベントが行われているのだった。

心からの暖かい声援とメッセージが、渡辺理緒嬢のこれまでの活躍を賞賛し祝福の微笑みで、渡辺理緒嬢をやさしく包み込んでいた。今この瞬間、川崎ロックの桧舞台に立つ彼女の胸の中に去来する「想い」とは一体どのようなものであろうか・・・

思い起こさば8年前の1994年 3月11日(金)、十三ミュージックのステージで、一人の女の子がプロの踊り子として舞台に立ち、右も左も分からない踊り子の世界でこれから先、自立して行かなければならない ! 不安など感じている余裕などまったく無かった。ただ一日も早く先輩のお姐さんのように、スポットライトを浴びて美しく踊りたい ! そして「踊り子・渡辺理緒」のステージを、お客さん達に楽しんでもらいたいと、人知れず心に決意した日であった。

また同じ日、渡辺理緒と同様の「想い」を胸に抱いて十三ミュージックの舞台を踏んだ女の子がいた。「木内雪美」嬢、「五十嵐瞳」嬢のお二人である。
この日デビューした女の子三人は、「十三・三人娘」と呼ばれ、十三ミュージックの看板踊り子へと成長して行く事になる。

私が最初に知り合ったのは「木内雪美」嬢だった。
もう木内雪美さんと出会ってから3年半以上の時を経たのだが、いつの事だったか彼女に聞いて見た事がある。

「初めて舞台に立った時って、どんな感じでした ?」と言う問いに木内雪美さんは、すこしばかり首をかしげるようにして、「う〜ん、冷静だったと思うよ。自分自身は、やるべき事をやってるだけなんだけど、お客さん達から手拍子や拍手してもらえると、やっぱりうれしかったね♪」と言う。

まだ今のところ同じ質問を渡辺理緒さんに問いかける機会は得ていないのだが、渡辺理緒さんのデビュー間もない頃を知る私のお友達から聞いた話を総合すると、渡辺理緒さんは当時、おとなしくてとても上品な感じだった。ダンスに関しては、素質と言うかセンスが良いと言うのか、最初からとても上手だったそうで、現在の渡辺理緒さんのステージを拝見していてもうなづけるところであると思う。

さて記念イベントの方は盛り上がって大詰め、渡辺理緒さんは関係者やお客さんからの大きな「愛」を胸一杯に抱きしめ、それぞれの皆さんへの感謝の想いが胸に熱く燃え、真珠の輝きにも似たひとしずく、ふたしずく・・・キラキラと止めど無く頬をつたってしまうのだった。

この時、渡辺理緒さんはきっと胸の中でこんな想いをかみしめていたと思う。
「形」の無い「人の気持ち」が、こんなにも重いものだなんて考えた事も無かったわ。踊り子として、気力・体力の続く限り、私の事を応援してくれる人がいる限り、精一杯ステージで踊るよ ! うん、もっともっと素敵なステージ見てもらうんだ !

そんな渡辺理緒の「熱い想い」がその場にいる人に、声も無くひしひしと伝わって行き、誰もが胸に熱いものを感じ、渡辺理緒につられて涙した。そして「愛と感動 ! 」涙の記念イベントは終了となった。拍手♪

--------------------------------------------------------------------


2. 一方、その頃「もず」さんは・・・


( ̄ロ ̄;) はっ!? も、もうこんな時間 !!!!

ぎゃぁ〜っ ! 間に合わないーっ ! しかし、なんで今週こんな大切な重要な、べりーいんぽーたんとな週に急ぎの仕事が入るんだぁ ?! あん !
くそーっ ! あせるあせる・・・汗・汗 ! 涙・涙 !

日曜日も休めないなんて ! どないしょ〜 !
あぁ〜今頃、理緒さんと新庄さん踊っている頃だよなァ〜(T_T)

理緒さんはまだ知らないから言わないのだけれど、こんな時雪美ちゃんは
決まってこんな事をつぶやくように言うのだ。

「 雨が降ればいいのにっ !! 」

そう、雨がザーザー降れば私は仕事が出来ない。そうすれば私の仕事は多くの場合、休みになり劇場に行けると言う訳だ。そうだ、その事で思い出した ! 何年か前、栗橋に出ていた雪美ちゃんから台風だっちゅーのに、「雨降ってるよぉ〜♪ 仕事休みだよねぇ ? おいで栗橋へ♪ 」と言われた事があった。

いくら雨降って仕事休みって言っても・・・
台風でボーボー嵐吹いている時に観劇つーのは・・・なぁ〜。(-_-メ
まぁ結局、台風で暴風雨の高速道路を突っ走って栗橋へ行ったんだけどねぇ〜
♪若かったあの頃ぉ〜 何も怖くなかったぁ〜(神田川 by かぐや姫より )

\(・_\)その話しは(/_・)/こっちに置いといて・・・

結局ね、仕事から帰宅して川崎ロックへ行くのは、時間が掛かりすぎて間に合わないんだよね。浅草とかも無理。新宿か埼玉、出番の順番によっては伊香保とかなら何とかなるんだけど・・・

それでも川崎の楽日には何とかならないかと思って、劇場にいるであろう理緒隊のお友達に、午後10時半頃には行けると思うんだけど、4回目に間に合いますかね ? と連絡を入れたが、それではさすがに間に合わないですよと言う。そんじゃぁ折角川崎くんだりまで行っても意味が無いわぁ・・・

で、私は大変重要な川崎ロック、三月中の週に一度も行けないまま終ってしまいました (涙 !)

ではどうして上記のイベントレポート書いたかって ? 聞きかじった話をあれこれ想像して書いてみた。(苦笑 !) だって、理緒さんが「愛と感動のイベント」って言ってたから、こんな感じだったのかなぁ〜 って思ってさ。
だから上の奴はイメージレポートって言う事で勘弁して下さい。

そ、そんなの有りかぁ〜 ? 前代未聞かもしれん・・・
それでも記念イベントについて何か、どう言う事でも書いて置きたかった。
出来る事ならば、やっぱり自分自身の眼でしっかりと理緒さんの晴れ姿を見届け、記録に残してあげたかった。もう今の私には、渡辺理緒さん無くして観劇はありえないし、理緒さんと雪美さん引退したらその時は自分もいさぎよく「ス」の世界から足を洗うつもりでいる。その日まではレポート頑張る♪

----------------------------------------------------------------------

3. 3月21日(木)わらびOS「遅れて来た男」


失意の3中の週を過ごした私は、ようやく忙しい仕事から解放された。
とは言っても午後3時までは仕事をしていたのだが・・・
それでも自分の時間を手に入れたのはとても嬉しかった。幸運にも ?
3結の今週、渡辺理緒さんはわらびOSに出演しているのだ。
天は我に見方せり ! トラ・トラ・トラ ! 今こそ出撃の時だ !

渡辺理緒さんにとにかく「おめでとう♪」の一言を !
激しい感情を一気にシリンダーに噴射させる。吸入→圧縮→燃焼→排気、これを以って内燃機関 4サイクルのからくりと言う。このからくりは日本では平賀源内が最初に考案した。(ウソ !)

私は「タ」をカバンに詰め・・・
って言うかいつでも出撃出来る様に、愛車のナンボロギーニ・タウンカック (爆 !) のトランクにスタンバイしてあるのだが・・・
ともかくキーを握り締め部屋を飛び出した。目指すは「わらびOS劇場」

ところがだ、私はわらびOS劇場へ車で行った事が無いので、道が分からない。
こんな時こそカーナビの出番だ。わらび駅にポイントを設定し、最短時間で到着出来るルートをチョイスした。しかしこのルート検索を設定するのにやたらと時間が掛かってしまった。でーぶいでーのカーナビって、ルート検索すんの早いんだってねぇ〜。自分のは、しーでーのやつなのでさぁ、これで出発 ! となるまでにすごい時間がかかる・・・

ともかく出発。おりしも彼岸の中日の休日だ。道路は渋滞気味。それにものすごい強風が吹きすさぶ春の嵐 ! 田園地帯の所沢では、黄砂ならぬ畑の乾燥して乾ききった土が、強風にあおられてあたり一面ど茶色に街を染めていた。
すげぇ〜 !

何はともあれ関越高速道路の所沢インターに突入。しばらく走ってジャンクションへ分岐し、外環自動車道へ入ってしまえばあっと言う間にわらびへ・・・たやすく到着するはずだった。だがぁ〜っ !
事故渋滞 5Km ? ( ̄ロ ̄;) はっ!? マ、マジですかぁーっ !

ノロノロと動いては止まり、止まっては止まり、走ろうとして止まり・・・
何だかなァ〜幼児のこぐ三輪車の方がよっぽど早いんじゃなぁい ?
ここって高速道路だよねぇ ? 「高速 !」どこが高速道路なのよぉ〜っ !
これじゃぁ「高速道路」じゃなくて「拘束道路」じゃん !
どうでもいいけどぉ〜
ボウコウに聖水が玉って (ニヒヒ・・・♪) 溜まって来たぜよ。

状況は刻々と悪化して行った。外環道の料金場を過ぎてもまだ渋滞している。これじゃぁいつになったらわらびへ到着出来るのか分からん・・・いや、そんなことよりも今はパーキングエリアへ入って、膨張して行くボウコウを開放してやらなければヤバイ状態だ。うぅ〜・・・マジでヤバクなって来た。これは神が私に与えたもうた試練なのか・・・

極限状態の中、パーキングエリアに車を止め、極限状態を気取られぬよう、
トイレへと小走りに歩いて行こうとすると、風速10m くらいの風が吹いており、中々一歩が踏み出せない ! 髪の毛はぐしゃぐしゃ ! 近くにいた若いお姐さんなんか、スカートが上半身の方へ逆立ってパンツ丸だし状態で、キャーキャー悲鳴をあげている。
なんなんだ今日の天気は ! ちなみに黒のレースでした(爆 !)

こんなところで「ス」をみてもしょうがない。(爆 !)
ともあれ、用を足して再び車に乗り込み、わらびを目指す。
横風にハンドルを取られながら、やっと外環道を降り、高架下の道を走る。
ところがだ ! またしてもアクシデント発生 ! 高速道路の下の道なので、
カーナビがGPSの電波を受信不能 ! 画面の地図がフリーズしたまま動ない。
その上、時々動いたかと思えば高速道路上を走っている画面になってしまう。なんてこった ! これじゃぁ、この次どこを曲がればいいのやら訳分からん。

どうすればこの苦境を乗り越えられる ?!
一旦、わき道へそれて行って、ちゃんとGPSの電波が受信できる所まで行けば良いのだ。その後、現在位置を画面を見ながら外れたコースへ戻れば良い。
狙いはうまく行き、設定したコースへ無事戻る事が出来、優秀なカーナービは私を見事に、わらび駅東口へと運んでくれた♪

そう、わらびOS劇場があるのは、東口ではなくて西口である。(爆 !)
実に頼り甲斐のあるカーナビだ事・・・ (-_-メ

駅前ロータリーでグルリと回り、陸橋を戻ってようやく西口駐車場へと駐車。
劇場へ行く前に理緒さんへのプレゼントを買わねばならない。花束を・・・
せめて胸一杯の想いを込めた花束を・・・が、まてよ ? 花束抱えて駅前を歩くのは未だに恥ずかしい・・・突き刺さるような人目が視線が怖い。
どうしよう ! 散々悩んだ末・・・
「胸一杯の花束」は、「腹一杯のケーキ」に変わっていた (爆 !)

長く、けわしいわらびOS劇場への巡礼の道は、ようやく終わった。
いよいよ渡辺理緒さんに対面する事になる。

今は3回目の天板のお姐さんのショーの真っ最中。場内に貼ってある香盤表では、理緒さんは8香盤中の五番目。激しい天板ショーのお姐さんの次の次だ。サラリと場内を見まわすと、知り合いの人はいない様だ。おっと、ひとり「タ」を持っている人は見かけた事があるな。

さて、申し訳無いが理緒さん以外の踊り子さんの話は割愛させて頂き、理緒さんの3回目のステージから話を進めて行こう。

ここわらびOS劇場の独特な雰囲気の中、私は息をひそめていると、いよいよ理緒さんの出番だ。いつもなら待ってましたぁ ! と言う所なのだが、今回はいささか気持ちが重い。先週の川崎欠席事件 ? 引いてはチームショーのレポートも書けなかった。記念イベントも見られなかった・・・

多分、理緒さんは川崎でそれぞれのレポート・記録をしに私が当然現れると思っていただろうに、仕事だったとは言え、一度も顔が出せなかったのは、なんか理緒さんを裏切ってしまったような後ろめたさが私にはある・・・
大宮の雪美さんの所にはしっかり2回も顔を出しているのにもかかわらずだ。

もちろん自分も単なるお客だから、行けなければ行けないで良いのだが、理緒さんには良くして頂いているし、寄りによってデビュー記念の週に欠席とは・・・自分的に申し訳なかったなぁ〜と言う思いからだ。

タンバリンを握り締め、こじんまりとした誰もいないステージを壁際に立って見つめながら、そんな事を頭の中でグルグルと考えている。そんな時聞きなれたリズムが耳に飛び込んで来た ! これは ! ポリシアだ ! 私はタンバリンを叩き始める。

理緒さんはおなじみのエナメルの黒い衣装で現れた ! 理緒さんだ ! 当たり前か。なんか私タンバリン叩きながら泣きそう・・・やっと理緒さんに会いに来られた嬉しさでさぁ。ウルウル・・・

大きな話し声やタバコの煙、舞台は見ているものの、ぼぉーっとした眼をしている人も多い中で、渡辺理緒さんは一生懸命自分のステージを演じている。踊りながら理緒さんの眼は、何を見つめているのだろう・・・胸が熱くなる。

理緒さんが花道をステップを踏みながら前へ出て来る。身をひるがえす !
その時チラリと何かを見たような気がしたのか理緒さんの顔がわずかに後ろを振り返った。その視線はしっかりと私を捕らえていた。一瞬、瞳だけで微笑み何事も無かったようにダンスを続ける。
私の中で張り詰めていた何かが吹っ切れたような気がした。
やっぱり来て良かった・・・

ステージはポラショーへと移った。
真っ赤なセパレーツの衣装を着て出てきた理緒さん。前に来たと思ったら、「もずさぁ〜ん、チームショー来て欲しかったのにィ〜 も〜 ! 淋しかったんよ〜」 

ありゃぁ・・・以外な一言。何で来てくれんかったのォ〜 ! と言う言葉は想定していたが、「淋しかった」って言うのは予期していなかった。
一瞬フリーズ・・・ 返す言葉が見つからず、心臓の鼓動がひときわ大きく波打つ♪ そこから再起動。

ごめんなさい ! ともかく遅くなりましたがデビュー8周年おめでとうございます♪ とプレゼントを贈呈。ありがと〜♪と喜んで頂いて、そこから川崎でのイベントの話を次々として来る理緒さん。少女の様な眼を輝かせて話している理緒さんにロクな返事も返せず、たじろぐ私・・・ポラ撮ってともかく肩の荷が下りたって感じがした。

4回目の香盤が始まると、他の理緒隊の面々がようやくやって来て活気が出てきた♪やっぱ、こうこなくちゃね♪みんなで応援する方がやっぱり楽しい♪ 理緒さんの出番まで和気あいあいとやりながら、4回目の理緒さんのステージが始まった。確実に3回目の時より、理緒さんのダンスにも活気がみなぎっている♪

私はベットショーの時、すでに花道の脇のかぶり付きのベンチシートに誰も座っていないので、折角だから・・・ とタンバリンを置いて理緒さんのベットショーを間近で観劇していた。赤いフワリ♪としたいつものベット着を身にまとった理緒さんは、イスを持って花道へと出てきた。

それにしても、わらびのかぶり付きはホント踊り子さんに近いねぇ〜さすがにこんなに近くで理緒さんのベットを見ていると、物凄いものがある・・・照明の中を泳ぐ理緒さんの手、足。デリケートに運ばれる瞳の動き。真横から額、鼻筋、くちびるからあごへかけてのフェイスライン・・・真っ赤なくちびるの中に輝く白い歯。ホントに美しい・・・ (ー。ー;) フゥ〜

それに・・・細い腕から手の甲にかけて浮き立つ血管の青い筋。
滑らかな素肌・・・付けヅメをせずに銀ラメで塗られたマニキュア。
どれもこれも甘く切なく、いとおしく思えてくる。

理緒さんはイスに座り開脚のポーズ。拍手が巻き起こる。私の場所はそれどころではない。すぐ目の前に理緒さんの広げた足の先、つまりあのエナメルのピンヒールがやって来た。シゲシゲと理緒さんの靴を見ていると、真新しかったあの靴にたくさんのキズがついていた。これすなわち、ポリシアを踊りこんでいると言う確かな証しであり、渡辺理緒の戦いの軌跡でもある。

さらに良く見ていると、靴底には黒いガムテープが貼りつけられていた。これは、別に靴が傷んだから貼ったと言う訳では無い。すべり止めのためにそのようにカスタマイズしたものなのだ。何故ならば、ここわらびOS劇場の花道から先端までは、床下に照明が仕込まれており、そのために床が硬質ガラス ? 製になっているので、とても滑りやすいのでは無いだろうか。

そしてイスから立ち上がり、イスの横から右ひざを座面に着き・・・
このシーンは、今私が座っている席で見るときは、気を付けなければならない。ヒザをついた後、左足を後方へ勢い良く思いきり伸ばすポーズをするので、ボケ〜として見ていると、顔面をケリ飛ばされて血祭りになってしまう可能性があるからだ。3回目の時、この場面で血祭りになってしまいそうなお客さんがいた(爆 !) すんでの所でこのお客さんは、理緒さんの後ろ蹴りをかろうじてかわしたが、かなり焦っていた様だった。理緒さん本人は、ドップリとポリシアの世界にひたっているので、そんな事があったとは、多分気が付いていない (爆 !)

そして次のポーズ、いよいよイスの上に立ち上がるシーンだ。イスに足を乗せ、準備に入る理緒さん。両足ともイスに乗った ! ゆっくりと立ち上がって・・・立ち上がって・・・おや ? やはり天井が低い ! ミラーボールが吊り下げられている所で、天井が段差になって一段低く下がっているからだ。ギリギリの所でなんとか無事に立ち上がれた。私は今日、ポリシアを出して来たのを見て、このシーンが脳裏をよぎり、イスの上にちゃんと立てるかなぁ〜と心配してしまった。

渡辺理緒さんの濃厚なベットショーはとても美しく、女性のお客さんも二人来ており(一般客なのか ?)私のすぐ近くにいたのだが、実に真剣な眼をして見ていたが、理緒さんのベットを見終えて、小さな声ですごく綺麗だったねぇ〜と話していた。美しいものは誰が見てもやっぱり美しいものだ♪

4回目ポラショー♪

やっぱりノリの良い理緒さん。前へ出てきてかぶり付きに座っている私を見てぎょっ ! 「おっ ! かぶり付き(爆 !) 」さらに駆けつけて来た理緒隊を上から見まわして一言。「なぁ〜んかここ、濃い〜なぁ〜 (爆 !) 」ほとんど身内のプライベートトークショーになってしまう (爆 !) もちろんちゃんと他のお客さん達もポラ取ってましたよ。

そしてまた先週の川崎の話をしながら、あそこにいるのが私のホームページの管理人で、○さんでぇ〜す♪ そしてあそこにいるのが、○○さんでぇ〜す♪などと、他のお客さん達にメンバー紹介してしまう。
慌てたのが紹介された人達 (爆 !)

そんな紹介しなくていいって ! (-_-メ 

でも理緒さんは上機嫌♪ 他のお客さんはチンプンカンプン (@_@)
理緒さんが出て来ると、わらびもアイドル館になってしまう (爆 !)
皆勤賞宣言した人、今日もちゃんと行ってるかな ?

------------END-------------

4. おまけ♪

おまけ画像
 理緒さんから頂いた
 デビュー8周年の記念品
 ありがとうございました♪

おまけ画像
 雪美さんから頂いた
 デビュー8周年の記念品
 ありがとうございました♪



[ INDEX ] [ 観劇日記 ]