もずのわくわく劇場日記 No.38


2002年 4月 21日 (日) 新宿ニューアート 3部作

その3「 小野今日子 編」



小野今日子 嬢・生命の生れた日

場内アナウンスが声高に次のステージは「小野今日子」のステージであると
告げている。ざわざわとした客席は暗闇の中、期待をもってステージに目を
凝らしている。

アナウンスが終わると幾ばくの時を待つ事も無く、雷鳴がとどろき、ファン
キーなBGMが流れ出す。すると、カミテのソデから灯りが見えた ! 何の灯り
なのだろうか、視線がその灯りに集まる。それはブランデーグラスの中で揺
れるキャンドルの灯りであった。

ムーディーなその灯りは、アロマキャンドルを思わせる。もしかしたらラベン
ダーの香るアロマキャンドルなのか ? いや、まったくそうでは無いかもしれ
ない。何故 ? ラベンダーの香りを想像したのだろうか。きっとそれは、その
キャンドルグラスを運ぶ小野今日子から発せられる、清楚な大人の色香が人々
にそのようなイメージをいだかせるのかも知れない。

小野今日子はそのキャンドルグラスを右手に乗せる様にして持ち、肩の高さで
腕を真っ直ぐ伸ばして舞台中央まで歩いて行く。右足・左足とファションモデ
ルのように直線の上を歩いて行く足の運びは軽やかでスマートだ。
しかし、まるでマジシャンがマジックを披露するような淡々とした動きなのが
妙に興味をそそられる。
これから一体どのようなステージ展開になるのだろうか。

イメージ画像 舞台中央、バックスクリーン際の床の上にそのキャ
 ンドルグラスをそっと置き、そしてまた、カミテの
 ソデへ消え、すぐにまた次のキャンドルグラスを持
 って出て来る。そしてそれをシモテ側の床に置き、
 同じ動作でもう一つ、計3個のキャンドルグラスを
 ステージに一定の間隔を置いて並べた。


そこまで準備が調うと、いよいよダンスステージが始まった。今日の小野
今日子のオープニングの衣装は、豹柄の野生的な衣装。 右肩にショルダーしてそこから左斜め下にさがって行くカットで、右の胸のふくらみは隠され、左の白い乳房は、たおやかに惜しげも無く露出していた。さらに短く一体になっているスカートは、散切りに切り込まれている。

髪は茶色の豹柄か ? のリボンで結い上げられている。舐めるような視線を
少しづつ移動させて行くと、ノースリーヴの両腕はヒジから手の先へかけて
豹柄のアームカバー。引き締まったボディーラインを滑り降りて行くと、先程
述べた散切りのスカートからは張りのある長い足が伸びている。やはりヒザ
から足先へかけて豹柄のレッグカバー。ハイヒールがほとんど隠れるくらい
にカバーされている。

小野今日子は、ちよっとおすまし顔をして、舞台上を大きく歩き回る感じの
ダンスシーン。そして時として女豹の仕草。アフリカの大地に何かが起きよう
としているのか、思わせぶりなシーンが続く。野性的な表現のダンスには、
何か儀式のような意味があるのか・・・

再び雷鳴がとどろくと、小野今日子はステージ中央、花道の付け根辺りで真
正面を向いて正座、そして両腕を天に向けて大きく高く伸ばすと、そのまま
深々と頭(こうべ)を垂れ、アフリカの大地に宿る神に祈りを捧げ奉る。

その胸のうちに秘められた想い・願いとは一体何であるのか。曲がそこで終
わり、次の曲がかかる。んっ ? ロボコップかこれは・・・ ?  イントロは
まさしくその様であるが、それは単に効果音としての利用で、そのイントロ
の後はシンコペーションの弾むようなリズムの曲になっていた。

曲調はマイナーの混沌とした感じの曲。そしてその曲で舞台へ戻りながら、
衣装のアームカヴァーやレッグカヴァーをテイクオフして行く・・・そんな
シーンが終わると、一度小野今日子はカミテのソデへ引っ込み、衣装の着替
に消える。

ブライトな硬めの音色のアコースチックピアノのソロメロディーが流れて来る
そのメロディーに聞き入っていると、スッ ! とした感じで小野今日子がステ
ージへ出て来た。黒いノースリーヴのレースのロングドレスに、シンプルな黒
いパンプス。そして小野今日子の長い艶やかな髪がサラリと揺れている。
ベットへの導入の場面。

胸がキュン ! とするような清きピアノソロメロディーに温かく包まれる様に
小野今日子はその身を陽炎の揺らめきをイメージさせる動きで見せてくれる。
そして盆へと進んで行く・・・

ベットの曲はエレキギターのメロディアスなフレーズと、ハープの優しい音色
のアルペジオ、そしてストリングスがエスコートするようにスケールの大きな
感じのバラードと言うよりも、広大なアフリカの草原をイメージさせる癒し系
の曲。

そんな雰囲気の中で小野今日子は、盆にゆっくりとゆっくりとはべって行く。
盆の床にキュートなヒップを着き、背中をよじらせる様にして肩から体をまわ
すように倒して行くのだが、それが実にゆっくりと・・・すごく美しい。肩、
背中が床につくと両足を高く伸ばしたままのポーズがずっと続くのだが、その
動きはあくまでも滑らかであり、一度たりとも動きを止めない。黒いベットド
レスと小野今日子の素肌のコントラスト・・・ベットインから立ち上がりまで
の一連の動きが一貫したストーリーを持っているようである。

またしても筆者の勝手なイメージで解釈すると、どうやら最初の場面で手に持
っていたキャンドルグラスは生命の灯火であり、豹柄の衣装は特に動物の豹で
はなく、単に女性を描いている。そして何故「豹柄」なのかって事だが・・・
これは・・・野生、若しくは、原住民、若しくは、原始人って事だろうか。
連想ゲーム (爆 !) 

で、その舞台がアフリカと仮定すると、原住民の女性が不妊症で悩んでいて、
どうしても子供が欲しい。それで昔からその部族に言い伝えられている伝説の
「まじない」をやる訳だな。誰にも見られないように部族の集落を一人離れて
夜のとばりの降りたアフリカの広大な大地でキャンドルグラスに灯りをともし
母なる大地の神にどうか子供を私にお授け下さいと祈る。

んっ ? なんでそんな所にキャンドルグラスがあるのかって ? そりゃぁ〜
ねぇ、以前たまたまアフリカ上空を通りがかったアメリカかなんかの飛行機が
落として行ったんじゃなぁい ? ほらぁ、なんて言ったっけ ? 映画であったじ
ゃん ! 飛行機から投げ捨てられたコーラのビンをアフリカの原住民のニカウ
さんって言う人が拾ってこりゃなんだ !? って事で騒ぎになるって言うやつ、
そんな感じじゃない ?

ともかくそのキャンドルグラスの灯火を大地の神に供えて祈っていると・・・

「我求丸椅子的唯一独占摩訶不思議、謝々♪」 はぁ ? 何ですかぁ ?

「我求丸椅子的唯一独占摩訶不思議、謝々♪」 何ぃ ? 中国語 ?

・・・ボク分からないっす。
突然私に話し掛けてきた中国人 ? 台湾人 ? のツアーのおばさんは、にこやか
に私に問いかける。「我求丸椅子的唯一独占摩訶不思議、謝々♪」何なんだ。

なんですか ? 日本語で聞き返すと、傍にあった丸椅子を指差した。
んっ? これ? 座りたいの ? 空いてますよ。と、そのおばさんに椅子を持って
渡してあげる。おばさんは、再び微笑みながら「謝々♪」と言って、喜んでそ
の椅子を持って行った。私は脳みその中の単語帳から素早く検索した単語を言
い返す。「再見 !」ツァイチェン♪ 何て言う教養の高さか (爆 !)

にーはお♪ しえしえ♪ つぁいちぇん♪ いーあるさんすう・・・中国語、
やはり三国志のビデオ全3巻、見ていたのは無駄ではなかった。すると、また
今度は同じツアーのおやじが、別方向の椅子を指差しながらなんか言って来た
その椅子の上にはバッグが乗せられているので、私は両腕でおもいっきり大き
な × を作ってやった。(爆 !)
おばさんには優しいけど、おやじには厳しいもずさん。 (爆 !)(爆 !)

おっと、思わぬ所で話の腰が折られてしまった。ともかくキャンドルグラスの
灯火を大地の神に供えて祈っていると、一転にわかに夜空はかき曇り、稲光と
共に雷鳴がとどろき、女は気を失い夢を見た。それは暗い所に一筋の光がさし
込み、その光の中でゆっくりと今まさに両足を伸ばし、暗い所から生れ出よう
とする女児の夢だった・・・生命の誕生である。

でも足から生れるってのは「逆子」だよね(苦笑)
ともかく女の祈りは神に届き、願いは叶う事になるって言うストーリーだと、
私は読んだ♪ うふふ♪ 違うかね (^。^)

小野今日子さんのHPのBBSを後で見て知ったのだが、この出し物のタイトルは
「ギャートルズ」って言うらしい。φ(。_。)厶厶 ・・・
?(・_・?)?  とすると、人類創世って言う話なのか・・・
って言う事は、もずさん大ハズレ〜 (苦笑)

ウッホンっ ! ス、ストーリーの読みはともかく  (^_^;

この週は小野今日子さんもポラを撮れるって言うので、思わずなついてしまい
禁断のツーショット♪ など一緒になって撮ってもらった。

ところがだ ! ハニースマイルの今日子さんの隣で、もずさんは緊張してしま
って、カチンカチンに正座 ! (爆 !) なさけねぇ〜

で、ふと! 見るとなんかロビーにポスターが貼ってあって、小野今日子さんの
ビデオCDが売っていたのでそれも買い〜♪ の、折角だから小野今日子さんに
サインしてもらおうと、ポラ撮る時にお願いしたら・・・

「 (^_^) はぁ〜い、いいですよ♪」なんて嬉しい〜♪

有頂天になってロビーで休憩してたらば〜 ! ( ̄ロ ̄;) はっ!? なんとっ !
ステージ終えた小野今日子さんが楽屋へ帰る途中に遭遇。バシッ ! と目が合
い、ニコッ♪ と微笑みながら、これからすぐCDにサイン書きますのでね。
フィナーレの時にお渡ししますョ♪ って言ってくれたのだった♪

もうすっかり満足しきって帰宅したのでした。ビデオCD 見るぞ〜っ♪



■ あとがき

(ー。ー;) フゥ〜 やっとSNA三部作完結 ! 今回もレポ書いた愛川ユキ嬢
四代目・東八千代嬢、そして小野今日子嬢と個人的にお好みの踊り子さん達
の他にもそれぞれ素敵なステージで楽しませて下さった踊り子さんに拍手を
贈りたいと思ってます。がぁ ! 全員のレポ書いていると、中々次へ進めない
ので、こうなりました。また再会のチャンスがあったらレポ書きたいなぁ〜
と思っていますので、その時はまたよろしくお願いします♪

---------------------------------------------------------------------

★本日の香盤 1.水森さやか 2.愛川ユキ 3.外人 4.叶麗美
       5.四代目 東八千代 6.小野今日子 7.桜井風花



[ INDEX ] [ 観劇日記 ]