もずのわくわく劇場日記 No.56


2002年 9月22・28日 (日・土) 栗橋大一劇場

「 仁科ちあき 編 その2」


「その1」から見る人はここ

■ はぁ〜 るばる〜 来たぜ〜 栗橋へ〜♪

投光室下に陣取った私は、やにわにタンバリンを取り出し、ちあきの耳へ届け ! とばか
りにシャキシャキ♪ と力強く叩きまくる ! 心の中で「ちあきちゃ〜ん! あなたの応援
団が来ましたよぉ〜っ !」と叫び、レーザービームのような視線を投げかけた。

厚く空を覆っているモコモコとした雲が、ちぎれたその隙間から切り込むように一筋の光
が射し、美少女・仁科ちあきを照らし出す ! 君の瞳は一万ワット ! 地上に舞い降りた
最後の天使 !

天使の手違い あぁ・・・と・・・ 違うか (汗)

 これは天使の手違い (爆♪)

 ハートを打ち抜いてくれないと・・・ ねぇ・・・
いや、いや・・・(冷汗)

さて、6色で上下に動くカクテルライトを浴び、仁科ちあきは「桃色片思い」を熱演。

1・2・3 ! YEAH ! 桃色の片思い〜♪ 恋してる〜 まじまじ〜と見つめてるぅ〜♪

はじけるフレッシュエンジェル 仁科ちあき ! 
純白のミニドレスの上に、ストロベリーの赤い小さな花を散りばめたスタイルに、やわ
らかな微笑みを浮かべ、まさに桃色サンシャイン♪ カミテへシモテへと白いハーフ
ブーツのステップも軽く、場内盛り上がっての手拍子・足拍子♪

フワリとした短いスカートから伸びたピチピチアンヨ♪ オジサマ達の舐めるような視線
に危ういものを感じつつ (爆♪) サンシャインちあきのステージは絶好調 ! 
(ホント言うと、本人は休み明けで筋肉痛らしいのだが・・・)

ステージの上を右へ左へと飛び跳ねながらキュッ ! と止まっては、時にスネルように、
また時には甘えるように、色々な顔をしながらオジ様達のハートをくすぐり、ヒジを曲げ
ウォーキングスタイルなダンス & ダンス♪
うん〜・・・ 君を食ぁ〜べてしまいたい・・・(ヨダレ)

ちあき隊タンバリンの私は、変則的な曲のリズムにほんろうされながら、調子っぱずれな
タンバリンに苦戦を強いられ、周囲の冷たい視線に冷や汗をかきつつも、見えない振りで
シャーシャーと叩き続ける・・・

毎度の如くそんな私を見ているのかいないのか、仁科ちあきはダンスに没頭してる。
そして盆からステージへ戻ったちあきはフィニッシュのポーズを取ると、間髪を入れずに
曲が変わり、カミテのところで上着などを脱ぎ捨て、インナードレスの背中のジッパーを
引き下げ、衣装を開放させてそれを胸のところで、左手だけで押さえ込みエジェルちあき
から SEXY ちあき へと変身する・・・

男の視線を斜めにかわす、ちょっと突っ張った感じのBeetの BGM。ンチャ ! ンチャ !
ステージ狭しと足早に歩き倒すダンス。胸を見せないように衣装は押えたまま・・・
ベビーフェイスなのに、目一杯無理して挑発的な視線を客席に投げかける仁科ちあき !
立ち止まって前にこごみ、お尻を突き出しながら腰を左右にフリフリ♪
おぉ〜 やってくれるねぇ〜♪ アメリカンセクシーレディーみたいだぞ〜♪ Yeah !

曲が変わってくれたおかげで、調子っぱずれなタンバリンの汚名を一気に払拭し、まるで
水を得た魚のよう♪ 気持ちよく叩いていると、客席を挟んで向こう側でタンバリンを
叩いている一人の、なぜかスカートを履いているお兄さん・・・い、いや、お姉さんか?
も、ノリノリで歯を食いしばり、口をひん曲げてタンバリンを叩きまくっている。

何だか良く判らない世界観だが、元々劇場の場内なんて何だか訳の分らない空間だし、
も〜ぅ、何でも「ありっ !」って感じで楽しくなって来てこっちも負けずに歯を食いしば
り、口をヒン曲げて「仁科ちあき」の応援に狂う !

当のちあきクンは、場内でそんな応援合戦が展開されていたなんて事、気がついていたの
かな ? (爆♪) 28日の栗橋は別な意味で非常に「濃い」(爆♪)

セクシーちあきの二曲目が終わると、3曲目はベットになる。
BGM には甘く切ないバラードが流れ、衣装を取替え純白のショートドレスに胸の前に大き
な白のリボンの付いたもの、靴を真っ白なサンダルのピンヒールに履き替えて、ステージ
に出てくると、スローテンポな振り付けでベットイン。

セクシーと言うよりも、「コケチッシュちあき」という感じ♪
キャラクターに一番あっているロリータバージョン。ものすごい細い体に大きめな胸。
そしてベビーフェイスな顔に、つるん♪ とした・・・んっ ? つるん♪ と・・・
「お〜い ! 剃るなって・・・」(爆♪)

シモテ側のステージにうつぶせに横たわり、頬杖ついて首を曲に合わせて左右に振りなが
ら、「コケティッシュちあき」の魅力は一気にブレークする。あ〜なんで私はこんなに
後ろの方で腰痛テぇ〜 ! なんて思いながら立っているのだろう・・・ シモテの最前列
の席へ行って、ちあきクンと「にらめっこ」したいなぁ〜 トホホ・・・

ちあきベット 盆へと出て来た仁科ちあきは、渾身のベット演技。女優ちあきの
 誕生だ♪ 彼女のベットでの顔の表情に注目していると、なかなか
 どうして素晴らしいものがある。とても「おこちゃま」なんて呼べ
 ないよ。ちあきさん・・・って呼んじゃう感じだよね。
 ・・・しゃべらなければ ? (爆♪)
 
 そして盆の上でいくつものポーズを付けてベットショーは華やかに
 美しく盛り上がり、女優・仁科ちあき は、拍手喝采を全身に浴び、
 ゆっくりと立ち上がり、ステージへと長い足を交差させながら戻っ
て行くのであった。


■ おまけ♪

「元祖・おこちゃま」こと、仁科ちあきクン。
2002年 9月 1日を以って、めでたくデビュー1周年を迎えました。
おめでとうございます♪

ってな訳で、記念品のライターが出来ました。ちあきクンのポラをお買い上げの方には、
応援の感謝と今後ともよろしくお願いしますと言う思いを込めてプレゼントしています。
でも数に限りがありますので、早い者勝ちです。もし在庫切れでポラに添付が無かったと
しても、その際は申し訳ありませんがご了承願います。

ちなみに、下の黒いのは私の分ですのでもう配ってません (ルン♪)





[ INDEX ] [ 観劇日記 ]