もずのわくわく劇場日記 No.59


2002年 11月24日 (日) 若松劇場

「 劇場はどこだ〜 編 」


船橋駅を下車すると、工事の塀で行き止まりだった。あれぇ〜 ? こんなだったっけ ?
何気なく西武デパートの方へ行って見るが、そう言えばこっちから行くと若松劇場は見
つからないのだった。そうそう、思い出した。自分用のランドマーク、長崎屋を探さねば・・・

テクテクと歩いて行くと、若松劇場の派手な車が駅の方へ走って行くのを見た。ヘイ ♪ と手を上げて乗っけてってもらおうかとも考えたが、一応恥じらいがあるので止めておいた。(爆♪) ところで長崎屋はどこだ ? ありゃ ? ない ! 長崎屋のサンバードが無いゾ ! まぁいいか。では次なる目標物を探してと。吉野家。今の所腹は減ってないので、今日はパス。それゆえ千葉県民会館 ? 文化会館 ? だっけを右に折れ、住宅街へと侵攻する。

マクドナルド・NTT・X WAVE の見覚えのある建物が見える。この辺だったよなぁ・・・
ありゃ ? 太い道に出てしまった。向こうの方に駅前の西武が見える。ここはどこ ?
さっきまでなんでもなかったのに急に小腹が減ったので、ふと立ち止まり前方を見ると、右に向けばファミリーマート、左に向けばセブンイレブンが見えた。近いのはファミリーマートだが、人生楽ありゃ苦もあるさ、若いうちは「苦労は買ってでもしろ ! 」と言う格言を思い出す。

私は「おじさん」でない事を証明しようと、あえてちょっと遠いい方のセブンイレブンへの、茨の道をあゆむ。なんてカッコイイ♪ 私はブーツの靴音を立てながら、道路工事の状況を確認し、足元の安全を確認しながら堅実に、確実にセブンイレブンを目指し進む。

軽やかにドアを開けるとパンの棚へ向かう。ピザパンを買おうと思った。しかし、カレーパンも売っていた。だが、焼きそばパンにソーセージパンも売っている。若きウェイテルの悩み・・・。どちらを買えばいいんだ ! 散々悩んだ挙句、ピザパンとカレーパンを買って店を出た。

はてぇ・・・ 若松劇場は何処にあるのだろう。今回で三回目の訪問である。自慢じゃないが、一度たりともまともに若松劇場へ行けたためしがない。劇場の場所が分らない。
ばっちさんに電話しようか・・・ いや待て、彼にそんな事で電話をすると、きっと彼は言うだろう。

シュミレーションしてみよう。

「もしもし、ばっちさん ? あのね、若松劇場ってどこだっけ ?」
「あん ?! もずさんまだ劇場に行ってないの ? まじ ? 」
「まじって言うか、場所分らないんだもん・・・」
「迷子になってるの ? で、今どの辺りにいるのよ ?」
「現在位置 ? いまね、伊藤さんのお宅の前。」
「伊藤さんって誰よ ?」
「いや、知らないけどさぁ・・・」
「若松劇場は前にも行った事あるんぢゃないの ? しっかりしてよ !」

あ〜 ダメだ、きっとおちょくられて「わろた」と言われるに違いない・・・
とりあえずピザパンを食べよう。道端にしゃがみこみ、パンをほおばっていると、向こうからやって来るじい様がこっちを見ながら何か言ってる。

「ゴルァ〜っ ! なにやってんだぁーっ !」

げっ ! オレ、なにか怒られてるみたい・・・ 千葉では道端でパンを食ってると怒られるのか ? 唖然としてピザパンを口にくわえたまま金縛りになり、近づいて来るじい様を見ていると、マジで怒りながらこっちへ近づいて来る。

「ゴルァ〜っ ! なにやってンのかと聞いてるんじゃぁ !」

「・・・な、なにって言われても・・・ パンを食べてるだけなんだけど・・・」
そう言おうとしたが、パンを口に突っ込んでるのでモガガガ、モガガガ・・・と言葉にならない。目の前すぐ近くにまでじい様は来ている ! 怖ぇ〜っ ! どうしよう !

ところがだ、じい様は「ゴルァ〜っ !」と言いながら私の目前を通り過ぎて行くではないか。あれ ?! と思いつつ、進んでゆくじい様の進行方向の先に眼をやると、一人のおっさんが道路沿いのとある一軒の家の門柱に立ちションをしているではないか。どうやらじい様はそのおっさんに向かって、怒っているようだ。私はホッ♪ と胸をなで下ろした。そうか、オレの事じゃなかったんだ・・・

じい様は立ちションをしているおっさんの所へたどり着くと、でかい声で何か言っている。だが、おっさんは立ちションを止めない。正確には止められない (爆♪)
若い人なら用事の途中でも中断出来るのだろうが、あのくらいのオッサンになると、前立腺肥大とかになっていて、筋肉のしまりがコントロール出来ないのだろう・・・ 泌尿器科の病院で医師に相談してみると良いだろう。

オッサンはとなりで怒鳴っているじい様と、にらメッコ状態。だが、相変わらず用を足している作業中であり、怒られたとは言え止められないんだからしょうがない。じい様の方も見たくは無いんだろうが、おっさんのブツに自然と視線が行く。さすがのおっさんもおじけづいたのか、後ずさりし始めた。ところがだ、まだ止まってないんだよね (爆♪)

黄金水が放物線を描いたままで、後ずさりでしょ、笑えるんだぁ。でね、見ているとどうやらそこの家はじい様の家みたいなんだよね。そりゃじい様が怒るのも無理ないね。自分の家の門柱で用足しをされれば誰だって怒るよ。で、おっさんの方もさすがにヤバイ ! って思ったのか、そろそろ終わったかなぁ〜 くらいの状態でもう手早くチャックを閉めて、「うるせ〜っ !」とか言いながら逃げ出したの。じい様は少しだけ追っかけたんだけど、ほら、年齢的に走れなくてさ、あきらめるしかなかった (爆♪)

で、結局じい様はどうしたかって ? ジョーロ持って来て流してたよ。(爆♪)
驚いたね。一時は自分が怒られてると思ったんだもん、パンの味が全然分らなかったよ。とんだハプニングに出会って、若松劇場を探すの忘れる所だった・・・

若松劇場の周辺て、住宅街で似たような路地ばっかしだから分りづらいんだよね。
個人的に。で、ウロウロその辺を歩き回ってやっと劇場を発見したんだけど、あんなところに石鹸王国あったっけ ? 黄色い看板の店・・・ まぁ、いいか。

ともかく入場しようとして窓口に行って、入場料払う時に「 5500円 です。」といきなり言われて「えぇ〜っ !」と口に出して言いそうになったが、微笑を浮かべながら五千円札と五百円玉を出して入場したのだった。五千五百円は予想してなかったなァ〜 ! あの五百円玉でポラ買おうとしてたのにさぁ。多分、今週は十三大会だから入場料高いんだね。だって、踊り子さん達関西から来るから汽車賃掛かってるんじゃないかなぁ。んな訳ないか (爆♪)

ともかく場内へ潜入しよ♪

続く・・・・




[ 本日の香盤 ]

1.音無りん 2.夏樹るか 3.日野沙織 4.仁科ちあき 5.香取しずか(5周年)
6.小雪 7.相沢かれん 8.フィナーレ



[ INDEX ] [ 観劇日記 ]