もずのわくわく劇場日記 No.67-2


2003年 1月 31日 (金) 浜劇

「もず日記・浜劇番外編の後編 」


日の出町駅方向から、やっとの思いで仕入れたぬいぐるみをカバンに忍ばせ、軽快な足取りで浜劇へ向かっていた。ちあきは喜んでくれるかナ♪ るん♪ (^。^)

スタスタと調子よく、浜劇の敷地に入るかと言うその時、私の目の前で突然浜劇のドアがガバっ ! と開いた。「ぎゃっ ! あっぶねぇ〜 ! 」あっぶねぇ〜なぁ〜もう少しでドアにぶつかる所だったよ〜 ! いきなりドアを開けるなんてどこのどいつなんだっ ! まったくもぅ・・・

ヒラリ♪ と身をひるがえし、ドアを見事にかわした私は、振り向いてそいつをにらみつけてやろうと思い、じろりと見ると... 「あっ、ちあき ! 」 ドアを開けてそこに突っ立ってるのは、ちあきだった。「あっ、もずパパ ! 」 ちあきはちあきで、クリクリっとした目をさらに丸くしていた。なぁ〜んだぁ、ちあきじゃぁにらみつけてもしょうがない。(爆♪)

ってか、へぇ〜♪ 私服のちあきって、初めて見た。いや ? 初めて「仁科ちあき」って子をSNAのロビーで見た時に見たかな ? いや、あの時はネグリジェだったような・・・ その後SNAでチョロチョロしてる時のちあきは私服だったかな ? そうそう、「仁科ちあき」との初めての出会いって、2001年9月24日のSNAだった。もちろんネットではリオさんが紹介していたから、名前だけは知っていたけどね。あの日、SNAへ入場して誰もいないロビーでお釣りをサイフにしまって、一服してたら見た事ない女の子がドアを開けて出て来た。

「あっ、おはようございます♪」ってちょっとおすまし顔で、あいさつしてくれた。ん ? もしかしてもしかすると、あの子が仁科ちあきって人なのかな ? 何となくそんな気がした。ふぅ〜ん、おこちゃまって聞いてたけど、そんな感じでもないじゃん。自分はどっちかって言うと、人見知りする方だから、初対面の人とあんまししゃべる方ではないので、リボンさんのとなりでたいてい、おとなしくしてるんだけど、この仁科ちあきって子はね、場所がSNAって事もあってか、まぁロビーによく出て来るんだぁ〜これがぁ。(爆♪)

で、人の顔が分って来るとよくしゃべる子で、初対面の時のイメージは見事にぶっ壊れた。(爆♪) あの時はリオさんもいたし、ちあきはすごい楽しかったみたいだ。うん、
はしゃいでいたんだねきっと。だからそれ以降、去年の栗橋や若松の時は一人だったか
らか、借りて来た猫みたいにすごくおとなしくって、みんなちあきがなんかすごくおとなしいけど、どうしちゃったんだ ? って心配してたりした。で、協議の結果、ちあきは誰かスイッチを入れてあげないと、おこちゃまに変身出来ないらしいと言う結論に達したのだった。(爆♪)

「もずパパ、来てくれたんだぁ♪ ねぇ、ちょっと歯を見てくれる ?」

「なに ? 歯って ? 」

「何かついてる ?」

「どれどれ... 別になにもないよ。」

「そう、それならいいんだけど、さっきまでチョコ食べてたんだ♪」

ふむふむ。青のりでもついてんのかと思ったが、チョコの話か。しかしちあきの歯なんて今までまじまじと見た事は無かったが、白くて小さい歯が綺麗に並んでいるんだね。歯並び良し♪ (笑) そのままテケツへ行き、入場料払うと...
「はい ! サービス券一枚、お一人様ご入場です !」と言われ、何のこっちゃ ? と戻って来たメンバーズカードを見ると、本日浜劇5回目の入場。無料ポラ券ゲットだった♪ ラッキー♪

従業員さんが「ポラ券は本日限り有効なので、本日中にご利用下さい。」と言った。それを見ていたちあきが、「良かったね♪」と言うので、「ほら、スタンプ5個押してあるうち、1個目から3個目までがリオさんの時のだよ。あと2つがちあきの時の分。」するとちあきは「へぇ〜、ママの時のかァ〜♪」と、リオさんの顔を思い浮かべるように笑った。しかしこれね、後で家に帰ってレポ書く時に、たまたま調べたら5回のうち、3回はちあきのスタンプだった。(爆♪) いつの間にこんなに通ったんかね。(笑) 

「案外少ないのね」みたいな顔してるので、「あぁオレね、リオさん出てる時以外は、あんまし劇場いかないんよ。」と言うと「ふぅ〜ん〜」と言っていた。「あぁ〜今日でやっと終わりだぁ〜♪」とちあき。「来週は休みだっけ、休みの時は何してるの ? 」と聞くと、「休みン時 ? 寝てるかな。寝たら起きるかな。そうそう、新作のレッスンもあるし。九条は新作よ♪ 新作は残念ながらすごくセクシ〜なものになるの。」んっ ? 残念ながら ? ちあきはどうも私がバリバリアイドル系のステージが好みと思っているらしい。(爆♪)

私個人的にはアイドル系はどっちかって言うと苦手。別に嫌いと言う訳でもないがね。ドラマチックな構成のものが一番好きだな。基本的にストーリーものが良い。その選でやっぱり渡辺理緒さんのステージは一番好き♪ でなければ、クールダンス系のメチャクチャかっこいいハイテンポでシャープな新庄愛タイプのステージとか。身の心もとろけそうな大人のセクシー系、今回の浜での宝生ゆりかさんなんかすごくいい♪ それか、とにかく元気のいい人。ん〜ちあきの新作ってどんなんだろ♪ セクシ〜なやつって言ってるから今から楽しみにしてるんだけどなぁ〜♪

で話は飛んで、三回目のポラショーになる。無料ポラ券の行使とぬいぐるみの進呈、無事に完了。で、次の宝生ゆりかさんのショーが始まる。おぉ〜♪宝生さんだぁ〜と思ってモダンな曲に合わせてタンバリン叩きながらステージを楽しんでいると、ササっと黒い影が入口から走り込んで来た。な、何だぁ ? と思って見たら、ちあきだった。あれ、ついさっきまでオープン踊ってたのに、着替え早〜い ! 

そう言えば、先日観劇に来た折、ちあきの新作はセクシーなやつだと聞いたので、宝生ゆりかさんのステージ、すごいセクシーで素敵だから、一度お願いしてステージ見せてもらうといいんじゃない ? とても勉強になると思うよ。と言ってあったんだ。まぁ、別に私が言ったからじゃないと思うけど、ちあきは結構、勉強熱心なんだね。それと宝生さんも。(爆♪) だって、さっきのちあきのステージ、幕あいからずっと隠れて見てたもん。多分、アイドルに返り咲きを果たすために、研究をしてた ? (爆♪) でも今どきのアイドルは「やったぜベイベー !」なんて言わないッスよ。(爆♪)

ちあきは熱心に宝生さんのステージを勉強していたので、新作は相当期待出来るんじゃないかな。私は今、ちあきどころではない。宝生さんのステージに食いついて楽しむのに懸命だ。い〜なぁ〜宝生さん・・・

ポラの時だったかな ? ちあきの暴走が始まる。「キャンキャン♪」イヌの鳴き声がした。あれ ? と客席の視線がイヌの鳴き声のする方向を探す。カミテのソデの床に、チワワのぬいぐるみが... どうやら鳴き声はバックスクリーンの裏から、ちあきが鳴きまねをしているようだった。そう、私があげたチワワのぬいぐるみ。ちゃんと首輪をしてそこからヒモがつながってる。はぁ〜どうやらあれ、気に入ってくれたみたいだ。でもセイウチのタマチャンは ? (爆♪)

「お〜い、昨日仕事サボってぬいぐるみ買いに行ってた人がここにいるぞぉ〜っ♪」

こ、コラッ ! 余計な事は言わなくていいってば ! 誰なんだ君は (爆♪)

四回目のちあきのポラの時、ちあきに聞いてみた。

「セイウチのタマチャンは ? 」

「あれあんまし可愛くない。それよりチワワの名前決まったョ♪」

「そうかぁ、あれ可愛くなかったかぁ... チワワの名前シロチャンでしょ ?」

「うぅん〜、リオリオ♪」

「えぇ〜っ ? リオリオ ? そんな名前付けたら怒られるじゃん !」

「へへ〜♪ 大丈夫、さっきママに電話してお許しもらったからさ♪」

「げっ ! リオさんに電話かけたの ? マジかい・・・(汗;)」

「うん、いいよ♪ って言ってた。」

あちゃぁ〜 ! そんな事でリオさんに電話しなくてもって言うか、許可をもらうのはいいんだけどさぁ・・・

「もずさん、ちあきには随分気がきいてるのね、私の時はそんなの一度も持って来てくれた事ないのにね。へぇ〜やさしいのねぇ〜 ちあきには。(激爆♪)」

なんて言われないとも限らない・・・ そりゃ〜 まぁ、娘だしな〜 い、いや、そんな事はないッスよ。てかね、ぬいぐるみに向かってまさか、「リオリオ〜♪ リオリオ〜♪」なんて、なんか恐れ多くて言えないじゃないですかぁ。(爆♪)

それにィ〜、ちあきはさっきからリオリオを、首ヒモを持ってひずってるんでっせ。何と言う事を... ぬいぐるみだから当然ヒモ引っ張ったって、歩くわけない。リオリオは浜のステージの床の上を、ズリズリズリ・・・ (爆♪) でも不思議な事に、リオリオはポラの時や、フィナーレの時なんかに踊り子さん達にも、お客さん達にも人気者になっていた。やっぱり名前がいいのかな ? (笑)

うぅ〜ん、渡辺理緒さんの新作がみたぁ〜いっ ! と、しつこく言う(爆♪)

てな訳で、超盛り上がった今週の浜劇も終わり、娘のちあきともこれでしばらくのお別れとなりました。いや〜 楽しかったなぁ〜♪ さ来週から「おこちゃま・仁科ちあき」は九条で久しぶりの新作にチャレンジいたします。そしてしばらく関西方面で活躍してくれると思いますので、関西の方、関西へ遠征出来る方は、「仁科ちあき」のステージ、是非ともご覧下さいませ。って何でこんな事、私が言うねん。はい、このところだいぶ出しゃばりましてあいすみませんでした。では最後に「おこちゃまちあき」とウワサの「リオリオ」をご覧頂ながら、もずのわくわく劇場日記、浜劇編は終了とさせて頂きます♪ 毎度のお運び、ありがとうございましたぁ〜♪ 





[ INDEX ] [ 観劇日記 ]