もずのわくわく"遠征"劇場日記 No.76-4


2003年 7月 13日(日)〜14日(月) ニュー道後ミュージック

「初めての遠征日記編 」その4


道後ミュージックの入口に近づくと、一人の深緑のハッピを着た従業員さんが私に視線を投げかけて来た。招き入れるようなその視線は、物言わず何かを熱く語った・・・あぁ、このフレーズ前回使ったね(爆♪)

入口に向かうと、元気よく「いらっしゃいませ〜♪」の声。そしてその従業員さんは5000円ですと言うので、私はバッグから最終秘密兵器を取り出した。「あぁ、4000円ですね。」と声のトーンが低くなり、それとは対照的に私の声のトーンは甲高くなった♪ 「おつりくださぁ〜い♪」プリンターがこんなに役に立つ武器だとは今まで考えた事がなかった (爆♪)

道後ミュージックにはロビーと言えるほどのスペースはなく、一人が灰皿の脇に立って、タバコを吸えるくらいの場所があり、そこからすぐに場内入口のドアがある。私は深呼吸した。このドアの向こう側に、リオさんがいる♪ 1年ぶりにリオさんに会えるんだ♪ と高鳴る胸の熱き鼓動の果てにニタァ〜っとしながらドアに手のひらを押し当てて、そぉ〜っと場内に進入した。

最初に私の耳に聞こえて来たのは、バリバリ関西弁の女性の声。マイクを使って司会をしているようだ。どうやらBINGO 大会の真っ最中らしい。私は誰にも気づかれないように、後ろの壁を伝うようにして、道後ミュージックの場内に潜伏する・・・はずだったが、唐突に男のでかい声で

「もずさん ? もずさんが来たぁ〜っ ! 」

と騒ぎ立てられたのだった。一斉に後ろを振り向く場内のお客達 ! 私は思わず腰を抜かしてその場に座り込んでしまう・・・ な、な、何なんだぁ ? てか、誰なんだ愛媛で私の顔を知っていると言うのは !? 唖然とする私を見たその男はにわかに笑い出した。

「ふぁふぁふぁふぁっ♪ もずさんが来たよぅ(笑) もずさんだ、もず、もずさんが来たよぅ〜(笑) 道後までもずさんが来たよぅ〜(笑) 快挙だよぅ〜(笑) 」

ちょっと待て、待てって! 私だってやるときゃやるって ! それにしても彼は誰なんだ ? なんで私の顔を知ってるんだぁ ? と、素朴な疑問をかかえたまま、仕方なくそのまま段差になっている後ろの床の上に座り隠れた。人知れず入場したはずだったのに・・・ すると舞台の上、シモテ端にいた仁科ちあきクンが遠くを見渡す視線で、客席の人と人との間を透かしながら
「はれぇ ? パパぁ ? パパなの ? 」半信半疑でこちらを見ながら、小さくゆっくりと確かめるように手を広げて振っている。

「あれ ? 見つかったかな。」私も同じようにグー、チョキ、パーの、パーで手を軽く振ってやった。(微笑) 仁科ちあきクンは、確かにパパが道後に来ていると言う事を確信し、急に顔をほころばせて、右となりいた小雪さんに思わず「パパが来てるの♪ 」と言うような事を言っている。さらに、夏樹るかちゃんにも「ほら ! あそこ、パパが来てるョ♪」(推測)と指差した。夏樹るかちゃんは、「えっ ? なに ? パパって ? どこ ? 」見たいに、二人してこっちをながめている。

えぇ・・・ ちなみに申しますと、この時点で小雪さんは、私がどこの馬の骨なのかは、まったく知りません。夏樹るかちゃんは、渋道で一度ポラの時にご挨拶しておりますが、多分私の顔などまったく覚えていないものと思われます。基本的に盛り上がっているのは、仁科ちあきクンだけでございます。(爆♪)

そして私は・・・ なんだよぅ、リオさんだけBINGO大会に出てねぇ〜じゃん ( ̄〜 ̄)ξ と一人不満を漏らしておりました。すると突然 ! 「さっき誰か入って来た見たいなんやけど・・」と場内のスピーカーから、例のバリバリ関西弁の女性の声が・・・ 誰あろう声の主は「朱里ちゃん」でございます。

その声に反応したのは、でっかい声で「もずさんが来た !」と言った男性客と、いや、すでに他の常連さん達と、徒党を組んでいた。(爆♪) それと仁科ちあきクンでございました。(爆♪) 仁科ちあきクンが司会進行係りの朱里ちゃんに、パパが入って来たのよ ! と言い、でっかい声の男性客は「もずさん ! もずさん ! 」とアピールを繰り返す。朱里ちゃんは「えっ ? 誰やん ? 」と意味不明・・・ (爆♪) 私はなんだか恥ずかしいので、ちじこまる・・・

すると朱里ちゃんが、「今入って来た人〜 ! カード持ってないやろ ? あたしのカードもう半分立ててるけどあげるので、ここまで取りにきてんか。」と言った。うはっ ! そんなの恥ずかしい・・・と言いながら、「ホンマでっか〜♪」と喜んで受け取りに行く。カードを渡してもらい、元の席へ戻ろうとすると背中越しに、「もしBINGO出たら、商品はあたしがもらうからね♪」とマイクで言われ、ガクッ ! それじゃぁもらっても何にもならんがなぁ・・・

さて、BINGO大会はさらに盛り上がり、踊り子さんの生パンをゲット ! する人も出て来た。とその時、私にもリーチがかかった♪ あと15が出たらBINGO♪ や。が・・・なかなか出ない。あぁ、せっかく朱里ちゃんにもらったカードも、このまま終わってしまうんかなぁ・・・ と思った時 ! 声高らかに「 15番 ! 」のコール、んっ ? 15 ? 出た ! ビ、ビ、ビンゴ〜♪ 今度は私がでかい声で言った。

「あっ、出ましたビンゴ♪ 他には出た方いませんか ? 」するともう一人、ビンゴの方がいた。私はのそのそとステージの方へ行き、カードを確認してもらう。そして仁科ちあきクンの持っている箱の中に手を突っ込み、三角くじを引いた。開けてみると、「粗品 B 」とあった。なんだ ? 粗品 B ってのは ? すると朱里ちゃんが、「おめでとうございます♪ 粗品 B は・・・
ライターで〜す♪」と言う。

でも当った賞品は、朱里ちゃんが「商品当ったらあたしがもらうからね(笑)」と言っていたので、受け取った商品をお約束通り、朱里ちゃんに渡そうとすると、朱里ちゃんは「ライターなら腐るほど持ってるから道後の記念に差し上げますよ♪」と言ったので、ありがたくちょうだいして来た。で、そのライターってのがこちら・・・

  


道後から帰って来て、ライターだと言う箱を開けてみたらこんなのが入っておった。(爆♪)
確かにライターや。朱里ちゃんいっぱい持ってるって言ってたけど、こんなんいっぱい持っ
てるん ? (激爆♪)

さてさてBINGO大会も大詰め・・・ かと思いきや、まだまだ続く。

踊り子さんの生パン当てた人は、踊り子さんが目の前でパンを脱いでくれ、しかもそれを頭にかぶせてくれると言うサービス付き。そんな折、仁科ちあきクンの生パンを当てた人がいた。別にうらやましいとは思わなかったが・・・ だって普通、パパが娘のパンツ頭にかぶっても別に嬉しくはないでしょ ? 娘なんだもんね。ハイハイしてる頃からお風呂入れたりしてた娘のパンツに興奮する父親はおらんだろう。(爆♪) うん、これはUSO♪ (^^ゞ

で、そんな時、カミテのソデから「みんな何してるのォ〜♪」みたいな雰囲気で、リオさんがフラリと出て来た。すごいアバウトなリオさん。ここは自宅のお茶の間かい。(笑♪) すると、仁科ちあきクンがササ ! っとリオさんに駆け寄り、耳打ち。「えぇ ?! ほんと ?! 」と急に今までのリラックスムードは一変した。推測であるが、多分仁科ちあきクンは「ママ、今日パパが来てるよ♪」と一言言ったと思われる。

リオさんの顔から血の気が引く・・・ するとリオさんは客席を見渡し、何を思ったのか朱里ちゃんからマイクを奪い取って、うつむきながら「もずさん、まだやってません・・・ (-_-;) 」私以外のお客さんには何の事やら、多分意味不明だと思う。解説すると、渡辺理緒・復帰第一弾 !! 「ピンクマーメイド U」の事を指しているのだ。で、せっかく道後までわざわざ来てもらったけど、まだ新作マーメイドは上演していないと私に業務連絡 ? をしたと言う訳でした。

さぁ、ここからがリオさんパニック ! 頭の中で色々な想いが渦を巻き始めた。(爆♪) 

そして「ねぇ、私の生パンは誰が当ったの〜 ? 」と、朱里ちゃんに聞いた。すると朱里ちゃんは、「あたしです♪ (^O^)/ 」 

「え"〜っ !? 」とリオさんがブーイング。 すると朱里ちゃんは、「いや、別にあたしがもらってもしょーもないから、お客さんにジャンケンしてもらって、勝ち抜いた人にプレゼントと言う事にしました。」とリオさんに告げた。お客さん達はヒュ〜ヒュ〜♪ と歓声を上げている。そして、司会の朱里ちゃんが言う。

「それでは〜、渡辺理緒さんの生パン欲しい方、手を上げてっ ! 」

客席では70% 程の人が元気よく手を上げた。私はもらうって言うのは嬉しい事だが、仮にもらってもあとでそれどうするんだ ? 穿くのか ? かぶるのか ? それともペナント見たいに部屋に貼って飾るのか ? と考えると、参加してもしゃぁないなぁ。とジャンケンには不参加。おとなしく見ていた。ところがだ、客席の様子を見ていたリオさんが口を開いた。

「ねぇ〜、あたし的には後ろの方で隠れてる人達にも、是非ジャンケンに参加して欲しいんだけどなぁ〜 ! 」と、のたまわく。あれあれ、後ろの方で隠れている人たち ? ・・・・あたりを見回すと、みんなちゃんと手を上げている。上げていないのは ? 私だけじゃん (苦笑) って事は、私に言ってるの ? なんだかなぁ〜・・・ 渋々参加する事になった私。

ジャンケン1回目。「最初はグ〜、ジャンケンポン♪ パ〜を出している人だけ残って下さい」と朱里ちゃん。良かったぁ、パ〜の人だけだってさ。ふと見ると私はパ〜を出していた。なんてこった。

ジャンケン二回目。「最初はグ〜、ジャンケンポン♪ チョキを出している人だけ残って下さい。」チョキって、ありゃ ? また勝っちゃったい・・・

ジャンケン三回目。「最初はグ〜、ジャンケンポン♪ チョキを出している人だけ残って下さい。」私はパ〜だった♪ と言う事で、無事もらわずに済んだ。(爆♪) 

そんな事で盛大に盛り上がったBINKGO大会も無事終了となりました。お疲れさま♪



[ INDEX ] [ 観劇日記 ]