もずのわくわく"遠征"劇場日記 No.78-9


2003年 8月 17日(日) ニュー道後ミュージックシリーズ No.9

ヨーコ嬢花電車 編 " with ファイヤー・ リオ "


はい ! ヨーコの花電車のお時間がやって参りましたぁっ♪
まずは私の「お股」の力自慢のコーナーからスタートでございます。と言う具合で始まった
ヨーコさんのコーナーでありますが、ヨーコさんのステージは芸能の世界でありまして、詳しくレポートを書いてしまうと、ヨーコさんの営業妨害にもなりかねませんので... (だよね♪) 是非とも実際にご自分の眼でお確かめ下さい。(爆♪)

なので伝説の「ファイヤーヨーコ with ファイヤーリオ + ジュリアナ道後ミュージック」のショータイムからお届けいたします。(爆♪) 毎度の如くヨーコさんのオープンショーが始まった。「ファイヤ〜ッ ! 」の叫び声からオーバードライヴギターの激しいサウンドが耳をつんざく ! ソバージュの髪を振り乱してヨーコ嬢は腰を振りながらオープンショー ! 場内の手拍子 ! タンバリン ! 一体となっての「ファイヤ〜ッ ! 」コールが道後ミュージックに嵐を呼ぶ ! 

怒涛の怒号、悲鳴、雷鳴とどろき、道後ミュージックは揺れた ! 絶好調〜♪ と思ったその時、カミテの幕の間から左足が・・・な、なんなんだ ? と気がついた人は密かに注目する。





黒いエナメルのロングブーツ...

チェックのミニスカート...

頭にはバンダナをかむり...








盆でオープンしているヨーコ嬢の背後にファイヤ〜リオ出現 !

はぁ... 踊ってるよぅ... あの妙な踊りを...

おしっこが漏れそうなのを我慢しているような、みょ〜なダンス。

うぅ、曲がそろそろあの「ファイヤ〜ッ ! 」の部分に差し掛かる

出るぅ ! 出ちゃうっ !


ファイヤーッ !






出たぁ〜っ !

・・・ 出ちまった、とうとう出ちゃった !

ファイヤーリオがミニスカートをめくり上げると股間で回転する赤色灯〜っ !

クルクルクル・・・(冷汗;)



脱力・・・ ファイヤーリオ得意満面絶好調 ! 観客熱烈歓迎♪ ニ〜ハオ♪ ニ〜ハオ♪
するとさらに観客に追い討ちをかけるように、神崎雪乃や仁科ちあきも楽屋から飛び出して
来て、盆の上で両腕上げて踊り出した。



盆の上はジュリアナ道後ミュージック「お立ち台」状態...


ファイヤーリオ・イメージ画像 






○○○
○○○○○
○○○○○○○○○
観客の図


頭痛ったぁ〜・・・ さすがの元祖・ファイヤーヨーコさんも影が薄くなり、あきれてシモテの端に呆然と立ったまま爆笑♪ 「オメ〜らも、ホント、よ〜やるわ (-_-;) 」とほとんどお客になってしまう。しかし、再び「ファイヤ〜ッ ! 」のところで、ファイヤーリオはなんと ! 客席正面を向いて、ブリッジしながらファイヤーコールの雄叫びを上げる始末。ブリッジで湾曲した頂上で、赤色灯がクルクルクル... と静かに回る。しょ〜もなぁ〜 (◎o◎)

盆の上でジュリアナやってる雪乃ちゃんと、おこちゃまちあきはニッコニッコ(^O^)/ しながら最高に楽しそう♪ あんなに楽しそうな顔してるあの二人は、絶対に他では見られないよ。あの〜ぅ、羽根の扇... 持って来ましょうか ? (爆♪) それにしてもジュリアナしてる二人も、リオママの前では、あんな風に子供みたいになっちゃうんだぁ。ちあきはともかく雪乃ちゃんまで、まるで子供みたいや。実に不思議な光景だった。

ところが投光さんも悪乗りして、また曲をかけてしまうもんだから、オープンショーのアンコールが始まってしまう。再び元気良く盆に飛び出して行く神崎雪乃と仁科ちあき。ファイヤーリオもまたチェックのスカートを揺らしながら踊り出す。負けるもんか ! とヨーコさんも参戦。ステージも客席ももう興奮のるつぼと化し、収拾不能状態。この時にいた浴衣のお客さん達はものすごい「お得♪」だったと思うわぁ。ストリップ見に来てまさかこんなのあり ? って感じじゃなかったろうか。(爆♪)

ようやくアンコールの曲が終わったあとは、リオさんも雪乃ちゃんも、ちあきもハァ〜 ハァ〜 肩で息してる。ステージは格闘技だ ! でもヨーコさんは平静。(爆♪) この回が始まる前、ビールを飲んでいたもずさんは、ちょうど良い具合にビールで酔っ払っており、事もあろうに一人でタンバリンを叩いて絶叫した。

「ワン モア タ〜イム !」

するとファイヤーリオが「真顔」で言う。
「疲れてンだよ〜っ ! そんなに何回も出来るかぁ〜っ ! 」 場内爆笑♪
もずさんはそぉ〜っと後ろの方へ後ずさり・・・ (爆♪) 
なんともエネルギッシュなオープンショーだった。(爆♪)

続く・・・



[ INDEX ] [ 観劇日記 ]