もずのわくわく劇場日記 No.79


2003年 9月 7日(日) 大和ミュージック

里帰り・ゆきみ愛 前編


道後シリーズは時間が掛かりすぎて疲れたので、今回はもずさんの里帰り編をお届け致します。ってな訳で、久々に関東へやって来たもずさんの本命さん「ゆきみ愛」さん。いつもは九州の方で頑張っているので、中々関東へはお出ましにならない。前回関東に来たのは・・・ 今年の4月頭の大和でした。ところがこの週はもずさんが仕事で忙しくて、劇場へ行けなかった。ではいつから会ってないのかと検索すれば・・・ 去年の5月19日(日) の黄金劇場以来、約一年半振りの再会であります。

現在の「ゆきみ隊」のメンバーの人は、ほぼ野毛劇場の時以来、応援に参加している人がメインの応援隊なので、「ゆきみ愛」さんが本命さんと言っても、もずさんはすでに昔の人、砂に埋められたオルゴールの箱のようなものであります。(爆♪) だから「ゆきみ隊」の人からは「誰よあれ ? たまに見かけるような気がするけど、良くは知らねぇ〜なぁ・・・」と言われるのが関の山ですわ。(爆♪)

あのなぁ、オレは昔「ゆきみ」ちゃんの応援隊だったのっ ! なんて今さら言っても始まらない。(爆♪) また、そんな野暮な事を言うほど自分もサビちゃぁいないしさ。って事で今日も朝っぱらから「ゆきみちゃん」のメールで叩き起こされ、「今日は来るのォ〜?」って。もちろんじゃんね、本命だよ、本命さん ! 行くに決まってるじゃん。えっ ? なに ? メール来たとか書くなって ? まぁいいじゃん、「元・ゆきみ隊」なんだもん、それなりのお付き合いあるのはあったりまえだしさ。

「元・ゆきみ隊」って言うところが引っかかるって ? だって今は「リオ隊のもずさん」だから「現役・ゆきみ隊」じゃないもん。今はなんなんだって言うと、プライベーター・個人的に応援してるだけ♪ (^O^) 組織には入ってない、暗黒街のロンリータンバリン。(爆♪)
まだ言うか...

まぁそれは良いとして。

大和ミュージックへは本日で4回目の来訪、そのうち3回は神崎雪乃さんの応援です。スタンプあと一個で次回入場無料さ。はいいけど、大和ミュージックはいつの間にか場内禁煙・携帯禁止になっていた。みなさんご注意を。

さてさて、大和ミュージックに入場した私が最初に目にしたのは、ちょうど一回目の香盤・夕貴美保さん。なんか洗面器持って「山下久美子」のバスルームから愛をこめてと言う曲を上演中。私は昔、山下久美子の大ファンで、アルバムを買い集めてた事があって、わくわくしながら見てた♪ 「夕貴美保さん」この方、演じて踊れる踊り子さんで、ステージは私好み。この方は久々の宝物発掘 ! 今後も着目して行きたいと思います。はい。

ともかく、フィナーレとなった。と言う事はいよいよ「ゆきみちゃん」と再会の瞬間が... 一人一人踊り子さんが順番に紹介され、ゆきみちゃんがステージに現われる ! かたずをのんでステージのシモテに注目する ! 「ゆきみ愛嬢〜」と言う紹介とともに、大和ミュージックの床をコツコツと踏み鳴らして現われた「ゆきみちゃん」は、黒のレオタードにピンクのフリル付きと、黒のハーフブーツと言う出で立ちで出て来た。顔をみると... ありゃ ? なんかヘンだ。別人28号... ちがーうっ ! ありゃニセモノか ?

月日は流れ、所が変わり、そして女も変わる... 「ゆきみちゃん」の顔が変わってる。後でポラの時に突っ込み入れないと。そして「ゆきみちゃん」は盆まで進み一礼してきびすを返し、ステージに戻った。私が客席にいる事に気がついているのかいないのか、この時点では何とも言えない。まぁ、一ラウンドはこのくらいにしておこうか。(爆♪)

そしてフィナーレも終わり、休憩の後「若尾光・橋本美奈・恋にしき」さんと香盤は進み、いよいよ「ゆきみ愛嬢」のステージが始まる。タンバリンを握りしめ、それとなくステージからも見えるようにカミテ側の通路に陣取る。ステージ上にスタンバイする「ゆきみ愛」。一体一曲目はどんな曲で来るのかタンバリンを持つ手に汗をかいて待ち受ける私。タンバリンは踊り子との格闘技だ !

するとブワ〜ン〜と言うSE(sound efect) から始まり、雷の音... う〜ん、こ、これは B'z のTAK MATSUMOTO のソロアルバムから「 NO WAY OUT 」だ ! やばい ! ハイスピードなヘヴィメタルナンバーではないか ! 負けるもんか ! もずさんの「タ」の底力、目に物見せてやるぜ !! ギュッとタンバリンをつかみ直し、「ゆきみ愛」のダンスに挑む ! ギンギンのオーバードライヴギターを敵に回し、もずのタンバリンは小刻みに振るえ、「ゆきみ愛」は上半身だけの短い着物にハネの扇をダブルで振り回し、黒いブーツは、いぶし銀の流ちょうなステップを踏みながら、大きい足の運びでステージを飛び回る。

ジャカジャカとタンバリンは悲鳴を上げ、加熱状態 ! ハネの扇を振り回している「ゆきみ愛」にさりげなく視線を送ると、くそーっ ! 踊りながら耳をそばだてて、タンバリンの音を聞いているようだ。

------ 踊り子って言うのは、いつも曲を聞きながらカウントや様々なタイミングを決めているから、みんなが思っているよりも、ずっと「耳」がいいのね。だからタンバリンの音聞いてるだけで、誰が来てて、誰が叩いているかなんて見なくても分るの。下手なタンバリン叩いているのは誰 ? あぁ、あの人だってすぐ分る。んっ ? 何あせってるのよ ? (笑)

これは以前「ゆきみちゃん」に私が浴びせかけられた言葉だ。そこでギクッ ! としているタンバリンさん、心当たりがお有りか ? (爆♪) 私は汚名返上、男の意地を見せるべく、死に物狂いで「タ」を叩きまくる。完璧とは言いがたいが、結構自分ではこの超ハイテンポな曲に喰らいついていると思う。「ゆきみ愛」は不敵な笑みを浮かべ、腕を振り上げ、体を揺らし、背中をのけぞらす。

オープニングの曲だと言うのに、早くも「ゆきみ愛 ダンス」VS 「TAK MATSUMOTO ギター」VS 「もずタンバリン」の三つ巴の戦いの図式は鮮明になり、その激しさはどんどん増して行く ! 最初にヘコたれた者が敗者の汚名を被るのだ ! 負けてなるものか ! 何を大げさなとお思いの方へ。「ゆきみ愛」でタンバリンを叩くのは想像以上につらいよ。ホントに良くタンバリン聞いてるし、一般参加の「タ」の人にはツベコベ言うような事はないけど、専属タンバリンになると厳しくチェック入るからね。(爆♪)

さて、一曲目は相打ちで終了。二曲目は少しテンポを落としてロックながらファンキーな曲。ギターのリフが繰り返し、それに合わせてドラムスやベース、キーボードがリズムを刻むと言うもの。この曲になると、もずタンバリンもオカズを入れられるくらいの余裕が出る。「ゆきみ愛」も扇を手離し、着物を脱ぎ去り、黄色のスパンコールのワンピースで踊る。頭の上で両腕をクロスさせるゆきちゃん得意のダンスである。私はこの曲で踊るゆきちゃんを見ながら、胸が温まっていくのを感じる。やっぱ本命はいい♪

場内のおじさま達も、昔どこかに置き忘れて来た激しい心のほと走る想いを、「ゆきみ愛」のステージによって思い出したようだ。激しい手拍子をありがとう ! そして三曲目はベットになるのだが、私はTAK MATSUMOTO のナンバーから「Love ya」あたりをやってくれるのかと思っていた。甘いバラードの曲だし、かつて私がこの曲をゆきちゃんにリクエストした事があって、使ってくれたナンバーだからだ。ところがだ、驚いた事にベットだと言うのに B'z の「野生のエナジー」がかかり、それでベットを踊り始めた。手拍子も激しく続いている。普通、ベットではタンバリンを叩かないのがルールになっているのだが、曲がこれなら何の問題も無い。もずタンバリンは遠慮なく気持ち良く、叩かせてもらった。

「ゆきみ愛」は大和の四角くて回らない盆 ? テーブルと言った方が正確か ? にはべり、足を立てて自分で回りながらベットを踊っている。伸ばした足の黒いブーツがさりげなくセクシーだ。靴の底には滑り止めのパッドが貼られている。ゆきちゃんは出番前、いつも靴底をワイヤーブラシでゴシゴシと荒らしてからステージに臨む。踊りが激しいので、滑らないようにするためである。滑るって事に異常に神経質なのだ。

ベットもかきょうに進み、ブリッジへと移る。久々に見るゆきちゃんのブリッジ ! 深い ! さすがだ。ゆきちゃんとリオさんの同期の桜コンビ、「夢の競演」実現出来たらいいのになぁ〜♪ と、途方も無い夢を胸に思い描きながら、ベットを踊る「ゆきみ愛」を見つめながら、ダンシングステージは大盛況のうちに終わった。だがぁ〜・・・

ステージの上でラストポーズを決め、暗転したステージの上から「ゆきみ愛」の声が聞こえて来た。えっ ? 何て ? 良く聞いていると、「タンバリンありがとう♪ ずいぶん上手くなったね♪」と言っている。最初は夢でも見たのかと思ったが、確かにそう言ってくれた。信じられない、本気でそう思ってるの ? 色々気を使ってくれる優しい人だからそんな事言ってんじゃないの ? マジ ? そうなの ? そう思ってる ? 1998年 7月 5日(日)、ゆきちゃんと始めて出会ってから、こんなにうれしい事言われたのは初めてだぁ... (T。T) 

一人後ろの暗闇に行き、感動の余り、すすり泣くもずさん...
ゆきちゃんが初めて自分のタンバリンを誉めてくれた...
まさか誉めてくれるなんて...
あの、あの、あのゆきちゃんが誉めて...
泣き・泣き・男泣き (ToT) ワァ〜ン...

大和へ来てよかった。ホンマに良かった...
おいっ ! 松くん ! ハッピさん ! ゆきちゃんに誉められたんだよ ! 信じられないと思うだろうけど、ホントにタンバリン誉めてもらったんよ ♪ かつての大宮事件を乗り越えて、ようやく認めてもらえたんよォ ! って、誰に向かって言ってるんだ ? 元・ゆきみ隊(爆♪) これは思いっきり私信でございました。多少弊害があるかも知れないがまぁ、そろそろ時効じゃなぁい ? ついでに、ハッピさん、歌舞伎町で一緒にラーメン食いに行くって話はあれからどうなったのさぁ。連絡くれ。(爆♪) 

さぁ、そろそろゆきちゃんの花電車が始まるぞっと♪ 次回へ続く・・・


大和ミュージック・今回の出演
------------------------------------------------------------
1.若尾光 2.橋口美奈 3.恋にしき 4.ゆきみ愛 5.夕貴美保 6.虹歩



[ INDEX ] [ 観劇日記 ]