もずのわくわく劇場日記 No.94


2004年 1月8日(木) 初春・道後シリーズ 第八章

「道後アラスカ物語 編」



昨日のレポ、獅子は扇子持ってなかったんだ! 今気がついた! 扇子持ってたのは日舞洋舞の時だった。も〜ぅ!ごっちゃになってる・・・訂正してお詫びします。m(_ _)m

さて!楽しい時間はスグに流れてしまう。もう三回目の香盤だ。はいいけども、二回目のフィナーレが終わり休憩になると、あ?ありゃ? ( ̄□ ̄;)!!

どんどんお客が帰って行く。何でみんな帰っちゃうのかな?
そして、三回目がボチボチ始まろうと言う時には・・・

自分を含めて、5人?マジ? そう思っていると、**隊らしきリボンさんが一人やって来た。これで6人。内訳は、リオ隊の自分+森川隊1名+**隊1名+道後に良く来るお客様2名+一般客=6名 (爆♪)

ここはアラスカ、道後ミュージック・極寒状態・・・ 一体ど〜するんだ?

けれども三回目の幕は開いた。トップの森川いづみさんを、近くで見ようと思ってカブリツキに席を取る。もちろん拍手はあるが、6名だから一人ひとりの拍手の音がキッチリ聞き分けられる。そんな中でも森川さんは、微笑を浮かべながらバッチリ! 踊っている。なんてけな気な・・・

カブリツキに座っているので、「タ」は叩いていないが、一生懸命踊ってる森川さんに手拍子で応援する。だがぁ〜... 手拍子してるのは、森川隊の応援さんと自分の2名だけ。**隊の人は... 後ろの方で、リボン巻きに没頭してる。まぁ、袋いっぱいのリボン巻くのは、かなり大変だろうから仕方がない。

それにしても寒いなぁ〜(爆♪)

森川さんのステージが終わり、次はヨーコさんのステージ。ヨーコさんは幕の裏で、二回目の時のようにかなりテンション上げている感じみたいだけど... するとヨーコさんのオープニングナンバーが流れ出す。シャキーン! と勢い良くカミテのソデから、銀ギラの衣装で飛び出すように登場!

踊り始めて、ヨーコさんの顔の表情が、( ̄□ ̄;)!! と凍りつく。(苦笑)
ヨーコさんは客席を見渡し、何か見てはいけないものを見てしまった! と言う感じで、踊りながら時折もずさんを見ては、(^_^;) と笑う。ヨーコさんの眼が!眼が!何かを訴えかけて来る!しかし... しょうがないじゃん♪ (爆♪)

はい♪ 私にはど〜にもなりましぇん♪ (^O^) しょうがないので、○村さんにメールして「今すぐ道後に来るように!」と指令を出すが、「そらぁ〜 いくらなんでも無理です!(爆♪) 」と返事が来る。そりゃそうだよね。(爆♪)

ダンスパートが終わり、ヨーコさんの花電車ショーのコーナー♪ カミテのソデから「ハイ!みなさんヨーコのファイヤー花電車のコーナーです。ってかさぁ、とりあえず出席を取りましょうかね。1、2、3... 6名様のご来場、誠にありがとうございます!(爆♪) 」と、そこまでいつものテンションで言っては見たものの (^_^;)

「あのさ、みんな花電車見た、見た、見た。そして昨日も見たよね? (笑) こりゃ〜しょうがね〜なぁ。どうしよう? みんな盆に上がってもらって、鍋でもしようか?マジで。楽屋にシチュー残ってるし。ほれ、さっきシチュー作ってたら指切っちゃって、バンソウコウ貼って来たよ。(笑) 飲み物なら、まだ楽屋にオロナミンが10数本あるぞ♪持って来ようか?(笑) 」なるほど、左の中指の先にバンソウコウ貼ってらぁ。(爆♪)

「けどなぁ〜、仕事だしなぁ〜。花電車やる? 見たい?」場内6名より拍手が起こる。「そ〜か〜、じゃぁ何度でも見てもらいましょうか! では!」と言いつつ、ヨーコさんはちゃんと正座しながらいつもの通りにテンション無理やり上げて? (笑) 「ではこれよりヨーコの花電車のお時間です!」と、言いながら、「じゃ、ラッパでも吹くか。」と珍しくラッパをカゴから取り出し、「みなさんご存知と思いますが、カッコウと言う歌を皆さん全員で、声高らかに合唱していただきます。ねぇ?知ってるよね?カッコウの歌?輪唱で、静かな湖畔の森の影から〜ってやつ。もずさん歌える?」

なんで「もず」に「カッコウ」の歌を振るかねぇ...(爆♪)

「あぁ、歌える。それなら話は早いね。じゃぁ、私のさんはい!の合図で合唱よろしく。さんはい!」♪静かな湖畔のもずの影からぁ〜 も〜起きちゃいかがとカッコが鳴くぅ〜 とみんなでショボく歌い出す。するとヨーコさん<中略>そ〜言う事かぁ〜 (爆♪) 大ウケ♪

で、例のオロナミンのネタの時、「もずさん、これもまだやった事なかったよね?」と、オロナミンの一気飲みをやった。ほぼ一気に飲み干してしまったので、ヨーコさんの方が驚いて、「なに?マジで一気に飲み干した?(笑) 」 何をこれしき!「うん♪」とカワイく答えると、「ぬるくなかった?」そう言われても、飲むのが必死でそれにはカンづかなかったよ。(爆♪)

さて、ファイヤーショーの事は前に書いたのでここでは省き、お掃除ショーも終わってヨーコさんは裏へ引っ込む時にポツリ。「1、2、3、...6名 ちあき危うし(爆♪) 」大丈夫よ♪ もずさんがちあき隊代表代行でタンバリンぶったたいて盛り上げるからさ。と独り言に言う。お〜い、仁科隊の人、今日は誰もおらんぞぅ... ファンの人はいるみたいだが...

ステージは暗転して仁科ちあきクンがスタンバイに入った。ちあき危うし! (爆♪)

つづく・・・



[ INDEX ] [ 観劇日記 ]