もずのわくわく劇場日記 No.107-3


2004年 5月 4日(火) 
新宿ニューアート開館三周年記念!

「SNA ブロードウェイ・ミュージカル?」その3

【第二景】神崎あかね(新庄・上原)


小野今日子がオープニングから、いきなりハイレベルなステージを魅せてくれ、ステージから消えると、第二景へのステップ。

【第二景】神崎あかね(新庄・上原)

アップテンポな曲がかかり、いきおい良く飛び出して来たのは、新庄愛・神崎あかね・上原舞の三人娘。三人とも同じ衣装、白のトップで胸のところにハート型のシースルーのアクセントがあるもの。白のレッグウォーマーに厚底スニーカーと言う、チアガールなスタイル。

ピョンピョンと飛び跳ねながらのダンスは、うらやましいくらいスポーティーで可愛らしい。場内のタンバリンも軽快にチャーチャカ、チャー♪ と小気味良く、ハッピーな感じだ。


イメージ画像ステージセンターに一歩飛び出して神崎あかね、シモテ側に新庄愛、
カミテ側に上原舞。理屈抜きに手拍子をぶち込むシチュエーション。

脇を固める新庄と上原が、同じ振りで神崎あかねのソロステップを
サポートに回る。一方、神崎あかねはセンターに立って、微笑みを
たたえながらのダンス。

私の観劇位置からだと近すぎて見えづらかったので、どうしてもバックダンサーズの新庄と
上原に目が行ってしまう。(苦笑) と言うか、ちょっとこの二人に、個人的に思う所があって、二人のダンスを見比べていたのだった。

というのは、去年の事。
私は川崎ロック座で上原舞と言う踊り子を初めて見た。その時の印象は、まったく良好なものだった。正直、カワイ子ちゃんアイドル踊り子だと思ってステージを見ていたのだが、その考えは上原舞を見くびった考えだ。とすぐに改心したのだった。

フワリふっくら、クリーム系の雰囲気でありながら、ダンスを見ていると、とっても気持ち
い〜んだ♪ 楽しいんだ♪ 中々ダンスは上手で、見ているうちに思わず引き込まれて、わくわくしながら夢中になって手拍子してしまう。なんでだろ? と思ってシゲシゲと上原舞のダンスを見てると、身のこなしにメリハリが効いてて、締めるところは締めて、アバウトな所はすごくアバウトに踊ってる。

それに、踊ってる本人が一番楽しそうにしてる。(爆♪)

多分、上原舞は踊るのが楽しいんだと思う。そう言うのって、一番溶けやすい形でお客に感染するもんだ。お客の「楽しみたい」と言う気持ちと、踊り手の「楽しい」と言う気持ちが劇場内で、素敵なハーモニーをかなでる。あの時の川崎ロック座ではそうだったし、今日のSNAでもそれは同じだ。

それともう一つ。
良く見てると上原舞のダンスって、新庄愛に似てる、新庄愛の影が重なって見える。まぁこの世界で言う所の、新庄愛の振り付けだったのかも知れないが、仮にもしそうだとしても、新庄愛とは当人のキャラが違うので、同じものにはならない。しかしそれを上原舞にとって、一番良い形で表現出来ている所が良い。

そんな事があって、今回、新庄愛と上原舞が同じステージに立ち、しかも同じ振り付けで踊っていると言うのは、自分にとって非常に面白い場面なのだ。

で、実際二人を見比べてど〜よ? ど〜なの? ど〜したの! (笑)

これがまた想像していた以上に面白かった。と言うのは、ご存知の通り新庄愛と言えば、ダンスバリバリのソリッド系。それに対して上原舞。ふっくらまろやか楽しい系・・・
なのにだ! それが全部が全部でない事が良く分ったのだ。

必ずしも新庄愛がタイトでカッチリ全部の振りを踊っている訳ではなかった。相対的にはソリッド新庄なのだが、足の返しや手の返しなど、部分部分によっては、上原舞の方がカッチリ踊っている場面があった。

どっちが踊りが上手いとかと言う事ではなくて、二人とも、それぞれが自分の個性を十二分に無理なく、無駄なく引き出していると言う事が、顕著に現れていると言う話なのだ。多分私が思う所、踊りのテクニックや技量がうんぬんと言う事も大切かもしれないが、良いステージと言うのは、いかに自分のフィーリングを発散し、自分の持ち味を表現出来るか! と言う事が、一番重要なのかも知れない。

ダンスが上手けりゃ、誰でもその踊り子のファンになり得るか・・・
決してそう言うもんでは無いでっしゃろ? どないだ? (爆♪)

うっ! だいぶこの景の主役・神崎あかねさんをほったらかしにしてしまったので、スポットライトを主役にあてよう。(スマソ)


イメージ画像01 一曲目をチームで踊った神埼あかねは、その場に居残りソロステージ
 へと進む。シンコペーションの飛び跳ねるリズムの曲に、流暢にタイ
 ミングをあわせ、体を柳のように揺らしながら踊りつつ脱ぎに入る。

 フワリとベット着に着替え、小さな顔のキュートな唇を閉じて、笑み
を浮かべながら盆に進む。アップに束ねた髪が、清楚で可憐な空気をかもし出している。

盆にやって来た神崎あかねが、私の前を通り過ぎる時、ほのかに鼻をくすぐるクリーミーな
石鹸の香りがここにまで届く。これは反則技! 甘くセクシーなフレグランスならば、こっちにも免疫が出来ているが、不意を突くような清純派攻撃、これには対抗しうる術がない。

大多数の男達は、この石鹸の香りに弱い。こんな香りをかぎながら無防備になった所で、

「ねぇ〜 お・ね・が・い♪」

なぁ〜んて言われたりすれば、そらぁ〜ビトンでもマンションでもこうてやる!と口走り、
思わぬ大失態をやらかし、○富士に走っていつの間にやら多重債務者・・・
なんて事にもなりかねない。(爆♪)

媚薬の香りに包まれて、すっかり骨抜きにされた所で、男達は実在しない「紗」のヴェールを目の前に自分自身で創り上げ、それを透かして盆に横たわる神崎あかねを、じっと見つめる。

神崎あかねを乗せてゆっくりとまわる回転盆は、いつしか夢の中のメリーゴーランドとなる。

黒い瞳がうっとりと濡れて、盆を囲む男達にはその瞳の輝きが、まばゆきダイヤの光にも思え、ただ沈黙の中に沈み込むばかりだ。耳に優しく響くバラード。

神崎あかねはゆっくりと立ち上がり、ステージへと歩いて行く。
何もないまま、この至福の時を終わらせたくない男達の視線が、ねっとりと神崎あかねの
背中に糸を引く。

しかし、無常にも神崎あかねは、思わせ振りにステージへと戻ったところで、場内を見渡して
ラストポーズ。もはや、ここからは手の届かない場所でのラストスマイル・・・
夜のとばりが暗く降り、やがて胸を押しつぶす静寂が訪れるのだった。


次回その4へと続く・・・



[ INDEX ] [ 観劇日記 ]