もずのわくわく劇場日記 No.107-8


2004年 5月 4日(火) 
新宿ニューアート開館三周年記念!

「SNA ブロードウェイ・ミュージカル?」その 8

【フィナーレ】全員


【フィナーレ】全員

いやぁ〜♪ とっても内容の濃かった今回の新宿ニューアート開館三周年記念大会もフィナーレとなってしまいました。総評としては、出演している踊り子さん達の持ち味を活かした、とっても素晴らしく、楽しいステージの数々でした。

私の希望としては、今後もこう言うレビューショー形式のものも、続けて欲しいなぁと思いますね。さぁ、それではフィナーレです。

踊り子さん達は、ほとんど出ずっぱり状態だったと言うのに、疲れた顔もせずに元気一杯でステージに踊りだし、衣装もジーンズにシンプルなプリントTシャツと言うスタイル。みんなクツは履かずに素足でリラックスした感じが良い。

部屋着のイメージで、今まで着飾っていたから、むしろこう言うのも親近感が沸いて素敵かな♪ 手拍子もタンバリンもハッピーな感じだし、踊り子さん達も楽しそうだ♪ 途中、一人ひとりの紹介が入り、それぞれの踊り子さんに盛大な拍手が送られた。そして、さらに記念に作った横断幕を広げてSNA開館三周年おめでと〜♪ とシュプレヒコールをあげる。

そして、ステージ中央でみんな固まってポーズをし、一旦BGMも終わるが、まるでアンコールと言う感じで、踊り子さんもお客さんも、みんなで音楽に合わせて手拍子をしながら和気あいあいと終了したのだった。

そのあと、一度踊り子さん達は引っ込んでから、合同ポラタイムとなった。
せっかくの記念だから、私もステージに上がって、踊り子さん達と一緒にポラを撮って頂いた。で、どんな風にとってもらおうかと考え、さっき撮った人みたいに、自分も記念の幕を広げて撮ろうかと思ったら、森川いづみさんがすでに横断幕を、几帳面に角と角をキッチリ合わせてたたんでいた。

「いづりんさぁん、せっかく折りたたんでしまった所を申し訳ないんですが、もう一度広げていただいていいですか?」

と言うと、森川いづみさんは、なんの躊躇もなく笑って広げてくれた。

「いやぁ〜、ここに踊り子さんと一緒に立つと、なんか自分も踊り子になったような気になっちゃうね(爆♪) 」と、新庄愛さんに言ったら、「もずさんは渡辺理緒の応援隊だから、みんなで渡辺理緒のポーズしようか。(笑) 」と言って、毎度おなじみの渡辺理緒ポーズをしてくれた。

ところがだ、みんなが「渡辺理緒ポーズ」なんて知ってるわけ無い。一応、説明しておくけれども、「渡辺理緒ポーズ」と言うのは、唇をハート型に開いて、その唇をVサインではさむと言うものだ。新庄さんがそのポーズについて、まわりの踊り子さん達に、こうすんの♪ と説明してみんながそのようにしたら、投光室から一声かかる。

「なにそれ? 加トちゃん、ペ?」

ちゃうって! わかる人はわかる、わからない人はわからないなりに? せぇ〜の!
「わたなべ、り〜お!」と言ってシャッターを押してもらった。

そんで撮れたポラが下記のようなものでした。
ちなみに、肖像権の保護のため、顔にはモザイクをかけさせてもらいました。
それと、一応、踊り子さんの並び順も伏せておきます。念のため。





と言う事で、本当に素敵なショーを見せていただき、とてもうれしかったです♪
新宿ニューアートの観劇日記も、これにて完結! 8日間に渡りご購読して頂いた皆様、
ご苦労様でした。私もちょっとくたびれたので、少々、休憩させていただきます。

今週分の観劇をしてから、更新しますので、またのご来場をお待ちしております〜♪



[ INDEX ] [ 観劇日記 ]