もずのわくわく劇場日記 No.158-2


2006年 8月 6日 道後ミュージック

もずさんの! 「道後遠征日記」




銀天街の高島屋の前にある広場で瓦組合のイベントが行われてまして、怪しいミュージシャン・もずさんは思わずビデオを回す。あぁ、ビデオは自分で止めないとループするので、自分で止めてね。(爆♪)

さて、今回が道後に遠征するようになって、記念すべき10回目の道後記念大会? うん、自分の中でのイベントって意味ね。そのせいか、遠征前日からもうすっかり興奮状態。寝付けないのであった。
「最後の道後」と言うキーワードがリオ隊の間では慣用句となっていて、自分でも確かにそうなるのかなぁと・・・

もう道後へ行っても、リオさんのステージ見られるわけじゃないし、ある意味、道後へ行く理由がなくなっちゃうわけで、淋しい事この上ない。そうだ! 今回も温泉に入るのはやめておこう♪ そうすればまだ道後へ行く理由を残しておけるわけで・・・

ぎゃっ! もう午前3時半になっちゃった! 寝なくちゃ!

目覚まし時計が鳴る前にムクリ! と起きた私は当然寝不足である。(爆♪)
一応6時に起きるつもりだったが、その10分前には目が覚めた。

いつものようにパソコンの電源を入れ、メールのチェックやHPなどをチェックしてから、さて今日のスケジュールをもう一度確認しておくかと、手帳を開き、昨夜ゼンリンの「乗り換え案内」で、羽田空港への到着時間を調べて、何時の電車に乗ればいいかと言うのを、プリントアウトしといた紙を手帳に貼り付けておいたのだ。

うん、7:32分のに乗ればいいんだったな。と納得したんだが、あれ? ちょっとヘンだな? いつも6時台の電車に乗って行ったように思ったのに、なんかずいぶん遅くねぇ? えぇ〜と・・・

ありゃ? 羽田空港への到着時間と飛行機の離陸時間とを間違えて入力してねぇ? えぇっ! これじゃチェックインとか全然間にあわねぇじゃん! 今何時? 6:30? 確か今回って飛行機の時間、早いヤツだったよな? やべぇーっ! 7:32 の電車じゃ話にならねぇじゃん!

すぐの電車って言うと何分になる? 6:47発? 時間ねぇじゃん! いそがなくては・・・

と、こう言う時、区画整理が済んで今まで駅まで徒歩8分だったのに、道が抜けて今は駅まで徒歩3分になったと言う自宅の立地条件の良さをありがたく思う♪ あのね、また玉さんに言われるから、一応書いておくけどさ、JR奥多摩駅まで徒歩3分って事じゃないからね。奥多摩駅までは、車でタイヤ鳴らして飛ばしても、一時間はかかるんだからぁ〜! そこんとこよろしく! (爆♪)

どうもみんな私の事を田舎者にしようとたくらんでる気がしてならない。(笑)
もずさん、生まれは川崎・チネチッタの裏なんだから、田舎者じゃないでしょ?( ̄^ ̄)

それはさて置き。

いつもは徒歩3分の駅までの間に、缶コーヒーなどを飲みながら余裕で行くんだけれども、今日はそんなゆとりはない。6:47発の電車に乗りなんとしても八王子から、JR中央線の特別快速に乗り、神田までカッ飛んでいかないと飛行機の時間に間に合わない! いそげぇ〜!

あーっ! と言う間に神田駅着♪ ホームへ降りて急いでJR山手線に乗り換え、浜松町でモノレールに乗る。ほとんどノンストップの流れで、モノレールの駅を出る。ムフッフ♪ 「スイカカード」は便利じゃね♪ 電車賃、いくらかかってるのか、サッパリ分からないままでも羽田空港へたどり着ける。

思えばこのJR東日本発行の「スイカカード」、これも玉さんに教えられて手に入れたものだった。あの時はSNAでリオさんの応援してて、玉さんが新宿駅まで一緒に帰ろうかと言うので、仲良く手をつないで新宿駅まで歩いて行ったんだけど、玉さんは涼しい顔でそのまま改札へ、とっとと歩いて行っちゃうのに、私は「玉さん、ちょっと待ってくれ! 切符買わないと・・・」って、切符を買うために行列に並び、やっと切符を買って玉さんが待ってるところへ行ったら、玉さん何て私に言ったと思う?

「もずさん、まだキップなんて買ってるんですか? 文化人はみんなすでにスイカ持ってますよ?
 あぁ、田舎だから自動改札じゃないんですね。」

ね、ね! みなさん聞きました? いまの玉さんのセリフ。

確かに、当時の駅は自動改札じゃなかったですよ。でもね、改札わきの台の上にスイカのタッチする機械だけはちゃんと単体のが置いてありました! でも使ってる人はほとんどいませんでした! だから私も「スイカカード」はまだ持っていなかったと言うだけの話ですよ。

ちきしょー! と思って、その翌週、ショーアップ大宮へ行った時、駅まで走って行って私も「スイカカード」購入したんですよ。ふふふ♪ これで私も文化人♪ (笑)

あのね、一応言っておきますが、今回の観劇日記はリオ隊・リオファン向けに、思い出話を交えて書いているので、みんなのニックネーム書いちゃうし、玉さんをネタにあれこれ書きますが、仲間内の話なので、玉さんを嫌な奴だとか勘違いしないでちょうだいね。文章だけ読んでるとヘンに誤解されると思うけど、全部仲間内のシャレですから。あらためて申し上げておきます。今回の観劇日記は、リオ隊・リオファン・関係者向けに書いています。愛ある解釈の元、お楽しみ下さいね。

もういいでしょ? リオさん引退になるし、ボチボチわがまま観劇日記を書いても・・・

で、羽田空港に到着したんだけども、いつもなら時間あるからここでいろんな人にメール出すんだけど、今日はとにかく時間が目いっぱいなので、そんな事してるヒマがない。すぐに団体受付のカウンターに行って、チェックインして、航空券と宿泊券をもらって、朝飯を食べるためにレストランに入る。

ビーフカレーを注文して・・・ と書くと、どこへ入ったか分かるね。(笑)
立ち食いじゃないほうのお店だよ。

朝めしを食べたら喫煙所へ入って、食後の一服♪ そうなりゃトイレに行きたくなるわけで、スッキリしたと思ったらもう荷物チェックしにいかないといけなくて、ほとんど落ち着かないまま金属探知機のゲート。

そう言えば前にここで捕まったっけな・・・ それも2回も。
一回目は、履いていたブーツの金具がひっかっかって、靴を脱がされた。その時だっけな? カバンの中に不審な輪の様な金属片があるので、バッグを開けさせて下さいと言われ、これは何ですか? 何に使う物ですか? と聞かれて、口からでまかせ、私はミュージシャンなので、松山でコンサートがあり、その時に使う楽器ですよ。とぬけぬけと言ったのに、そうなんですか、了解しました。って通った。

確かこの時だかもっと前だか、リオ隊ツートップのリボンさんのシロさん、カバン開けられて、リボンが出てきてこれは何の目的で所持しているのかと言われ、説明出来ないので、巻いてあったリボンを空港で投げて実演したって言うじゃん? (爆♪)

私はタンバリンの実演やらずに済んでホント良かったと苦笑したけどね。応援隊ってのは、実に色々な伝説的な挿話を持ってるもんよ。関係ないけど雪美隊にも面白い話があった。楽日の終演後、次の劇場へ行くのに足がなかったので、応援さんが車で送り届ける事になったのだが、途中で飲酒だかスピードだかの検問で止められて、運転手の応援さんは真っ青! になった。

なぜって、車のトランクにはポラがイヤと言うほど入ってる。中にはM・L・Vとかのも(爆♪)
そんなのおまわりさんに発見されたら・・・(汗)

職務質問が始まり、職業とかどこへ行くとか、何しに行くとか聞かれたらしい。
同乗者の雪美ちゃんまで職質されて、キミの職業は? と言う質問に、「アイドルです♪」と答える。アイドル? 見たことないな、テレビとか出てる? 歌を歌ってるの? そうかぁ、その歳で・・・ アイドルも売れるようになるまでには大変なんだろうねと同情されたりして。(爆♪)

で、あまりにもしつこく質問が続き、トランクを開けると言われた時、雪美ちゃんが機転を利かせ、「はぁ! お、お腹が痛い・・・ 」と突然急病の演技が始まる。するとおまわりさんが、「どうした、大丈夫か? パトカーで医者に連れて行こうか?」と言われ、やばいなーと思った雪美ちゃんは、「いえ、だ、大丈夫です、でも早くおうちに帰らないとお腹痛いし・・・」と切り返し、無事に検問脱出出来たとか。よほど危機迫る迫真の演技だったんだろうね。(爆♪)

まぁそんな話は置いといて。

無事に飛行機に乗り、松山目差して一直線! ところが、飛行機があまりにも一直線に飛び過ぎたのか、定刻より10分も早く松山空港へ着いてしまった。11:40着のはずが、11:30の到着。早すぎるつーの。ヒマをもてあますもずさん。

松山空港へ着いてまずやる事と言えば、自販機でポンジュースを買って飲む。これ、定説です! そしてバスが来るまで一服。ちあきに迎えに来てくれ〜♪ とメール出したいところだが、今はもうメールアドレス知らないので、神村さんに今松山空港に着いたよ〜♪ とメールを出し、暇つぶしの話し相手になってもらう。そんな事をしているスキに、松山市駅行きのバスが知らないうちに行ってしまった。(爆♪)

神村さんは「しょうがない人だなぁ〜! 迎えに行こうか?」と言ってくれたが、どの道、私はホテルにチェックインしてからでないと、荷物が困るし、道後には行けないので、三時まで銀天街でブラブラしてるよと言い、次のバスが来るのを待つことにした。こうなると中々来ない路線バス。そう、私は松山の住人に埋没するため、シャトルバスは通常使わないのである。(笑)

さて、松山市駅に到着してみたものの、特にやる事はないんだけど、さっきから前髪が顔の前に下がって来て、RINGの定子みたいになって、すごくうっとおしいので、そうだ、帽子でも買おうかと銀天街のアーケードの中へ入っていった。そう、もずさんロン毛なんだよ。

お店屋さんをあちこち物色して、気に入った帽子を買おうとしてさまよい歩き、「うん、これいいな♪」と思ってかぶってみるが、どれもこれもサイズが大きくて、しっくり来ない。やっと見つけた帽子はマネキンがかぶっていた白い帽子。これならサイズもピッタリ♪ デザインもまぁまぁだ。とそれを剥ぎ取って購入。袋にその帽子を入れようと店員さんがしてるので、すぐにかぶって行くからそのままで結構と、私は帽子を受取り店を出る。

アーケードに並ぶお店のウィンドガラスに、帽子をかぶった自分の姿を写しながら、おぉ♪ これはガロのボーカルこと、大野真澄みたいだな、いや、大き目のペンダントとサングラスをかけたら、チャゲ&飛鳥のチャゲに見えるかもしれん♪ と一人で盛り上がる。オレって結構カッコイイ♪

それにしてもハラ減ったなぁ・・・ と、昼飯を食いにマツチカ商店街にも足を踏み入れる。
いつもの安い店。(爆♪) そこで常連を装い、メニューを見ることなく「月見うどん」をオーダー350円也。注文した後、いや、やっぱりジャコ天うどんにすればよかったと後悔した。

お腹もふくらんだ事だしと、階段を登って外へ出てみれば、高島屋前の広場で何かやってるので、見物に行く。ライブやってる♪ 小走りに走って人垣を分け入り、どれどれと見ていると、女の子二人組みのライブをやっていたので、バッグの中にビデオカメラが入っている事を思い出し、早速撮影する。

黒いドレスを着ている方の子は、みゆきちゃんと言うらしい。その子は歌手を目差して頑張っている現役の高校生だそうだ。そのとなりのお姉さんは名前がよく聞き取れなかったが、なんか親しみやすい感じの人だったので、見つめていた。(ビデオで歌ってるお姉さんの事)

「え〜、私はみゆきちゃんよりちょっと年上なんですが、現役高校生には負けないように、頑張って歌いますので、よろしくお願いします♪」と言うので、そんな引け目に思わなくっても、歳相応でいいじゃん、充分キミもかわいいよと、心の中でつぶやいた私を、そのお姉さんが見て言う。

「そんなに苦笑しなくてもいいじゃないですかぁ〜」

はぁ?

「あなたの事ですよ、そこの白い帽子をかぶってるお兄さん。」

うわっ! 目があっちゃった・・・

「お近くの方ですか?」と言うので、いぇ、さっき東京から来たばっかしですけど・・・

「東京から? 遠いところからわざわざ来てくれたんですね♪ 」

いや、別にこのライブを見に来たわけじゃないんだけど・・・

「お名前は聞いてもいいですか?」

はぁ、もずと言います・・・

「変わった名前ですね。もずさんは何をしている人なんですか? お仕事とか?」

まぁ、ミュージシャン・・・ですが。

「ミュージシャン! ホントですか? まさかこんな所で同業者に会うなんてビックリ!」

はぁ、私もこんな所でしかもマイクで「もずさん」と呼ばれるとは思いませんでした。

「ミュージシャンと言う事ですが、何を演奏と言いますか楽器は何を?」

タンバリン・・・ ですが。

「タンバリン? パーカッションなんですか。何か見た感じ、一風変わってると思いましたよ。」

いやはや、何ですかねぇ〜この展開は・・・ まぁ、こんなところできれいなお姉さんとお話出来たのは結構うれしかったなぁ〜♪ それにしてもミュージシャンだなんて、口からでまかせ・・・ そうでもないか、一応CD出してるしな♪ 私はミュージシャンさ♪ しっかし、私もこんな所で一体何をやってるんですかね。(爆♪)

そんな事してたら三時になっちゃった。早い所ホテルへ行ってチェックインして来ないと!
毎度おなじみ、東京第一ホテル松山。スムーズにチェックイン!

今回は8階の真ん中辺の部屋。窓の正面には堀と城山、鉄塔が目の前。
今週の道後ミュージックは、開演時間が3時22分からなので、すぐにも道後へ向かわないと一回目に間に合わない。とは言う物の、汗かいてるし、シャワーでも浴びてシャツを洗濯してからじゃないと、明日着る物がなくなっちゃうからなぁ・・・ いつもならここで風呂入ってから出かけるんだけど、そんな時間も無いし。

洗濯物を部屋に干し、劇場へ行ってしまうと横になれないから、5分だけ横になってから出かけるかと、ベッドに寝転がっていた。テレビの音が遠くに聞こえる・・・ 気持ちいいなぁ〜 グォ〜・・・

携帯電話が鳴っている。メールの着信音か・・・

うぅ・・・と、うなりながら目を開いて、枕元のデジタル時計を見ると17:32分。
なにこれ? 時計壊れてらぁ・・・
時計が壊れてたら直しとけつーの! しょーもねぇなぁ・・・

着信したメールを見ようと携帯を開くと、たくさんメールが来ていた。
あれ? ゆきみちゃんからも来てる、なんだ? 「おーい!」としか書いてない。
神村さんからも来ている。

「ゆきみ隊の応援さん、一回目のゆきみちゃんの出番終わりました。」

はぁ? そんなバカな! 今何時? 自分の腕時計を見ると5:35分・・・
やべぇ! いつの間にか熟睡してたのか! こりゃまずい! すぐに出かけないと・・・
こう言う時って、道後までの距離が長いの何のって、あせりまくり。
急げぇーッ!

続く・・・



[ INDEX ] [ 観劇日記 ]