もずのわくわく劇場日記 No.159


2006年 8月20日 ライブシアター銀映 楽日

渡辺理緒の長い一日「ある愛の軌跡」渡辺理緒 LAST DAY


2006年8月20日・名古屋ライブシアター銀映・・・
渡辺理緒がたどり着いた最後の港。

さぁ! 泣いても笑っても、これが最後の渡辺理緒、ファイナルステージ!
みなさん一人ひとり、それぞれの「想い」を込め、ライブシアター銀映でのこのステージを、しっかりとその胸に刻んで下さい!

渡辺理緒が最後のステージに選んだ作品は!

「薔薇の封印」です! どうぞ、最後の最後まで、じっくりとお楽しみ下さい!

ストリップ劇場のアナウンスとしては、異例な作品名での紹介で、渡辺理緒のファイナルステージの幕は開いた。場内のお客、劇場関係者、踊り子たちの誰もが、じっと息を止めステージの幕を見つめている。押し殺したような静寂の闇の中、聞きなれたピアノのフィレーズが耳にささやくように流れ出すと、ジィ・・・と言う暗幕のワイヤーを巻き取るモーターの音が聞こえ、ゆっくりと幕は開いた。

 渡辺理緒の姿が照明の中に浮かび上がる。
 いつも見慣れた普通のオープニングシーンだ。
 されど、場内に充満している空気が普段とはまるで違った。

 渡辺理緒の動きの一挙手一投足、どんなささいな事でも見逃すまいと言う、執拗な
 視線が、まるでレーザービームのようにステージへと注がれていたのだ。

 ステージで踊る渡辺理緒には、足元に数百匹の黒猫が集まり、暗がりの中で息をひ
 そめながら、獲物を狙うために眼だけギラギラと光らせているような光景に見えたかもしれない。一瞬でもスキを見せたら、いつなんどき自分に襲い掛かって鋭い牙をむき出しにしてくるか分からない。

 身の危険を感じながら渡辺理緒は、スポットライトを浴びて踊り続ける。
 しかし、そんな危険な熱視線をものともせず、渡辺理緒はスリリングなダンスを踊
 り、一瞬たりとも付け入るスキの無い完璧な踊りっぷりで、それを跳ね除ける。

 12年半コツコツと自分なりに積み上げてきた踊りに対する思念と磨き上げた技術の
 すべてを余すことなくこのステージに込めた「薔薇の封印」は、まさに渡辺理緒自
 身にとって、たどり着くべき最後の港であり、ここで深く沈めた重い碇(いかり)
 は、二度と引き上げる事はないのである。

仮にその碇が再び引き上げられる事があるとするならば、いや、引き上げることが出来る者がいるとするならば、それはきっと「新庄愛」その人しかいないだろう。

 渡辺理緒の腕から下がる長い袖が、引き裂かれるように破れている。
 渡辺理緒がどれほどこの衣装を着てステージへ立ち続けたのか、どれほど渡辺理緒
 がこの衣装を着てステージの上で戦い続けて来たのか。

 「薔薇の封印」、初出しの2005年1月の道後以来、わずか一年半余と言う短い間に
 渡辺理緒の衣装で、これほどボロボロになったものは例を見ない。

 だがそれは、これまで多くのお客のリクエストに応えて上演を重ねたからであり、
 渡辺理緒に与えられた勲章でもあるのだ。

渡辺理緒はこの衣装を几帳面に折りたたみ、衣装カバンに詰め込んで、各地の劇場から劇場へと旅して回った。自分がステージで踊る事を待ちわびていてくれる人達がいる。お客さんから望まれてステージで踊る事が出来る。その「喜び」が踊り子・渡辺理緒をこれまで支えたのだ。

 2004年12月、渡辺理緒は未公開の新作「薔薇の封印」と「エリザベート」、そのど
 ちらの作品を先に舞台に上げようかと悩んでいた。

 この時の「エリザベート」は、アンサンブルローズで上演されたものではない。
 まだストリップ界では誰も取り組んだ事のない、前例の無い壮大なスケールの作品
 だった。もしこの時の「エリザベート」が上演されたとしたら、マスコミも黙って
 はいなかっただろう。

 一回目の香盤で第一景、二回目の香盤で第二景、三回目の香盤で第三景、四回目の香盤で第四景完結。すなわち一日中観劇しないと物語が完結しないと言う前代未聞の作品だった。

 ステージは無情にもどんどん進んで行く。
 リオマニアな人が、この時何を考えているのか痛いほど良く分か
 る。エンディングのラストシーンから逆算し、あとどれくらいで
 この渡辺理緒ファイナルステージが終わってしまうのか、そして
 渡辺理緒のステージが封印されてしまうのかと・・・
 しかしその淋しいカウントダウンは、誰も口には出さないが、そ
 れとはなく数えていたに違いない。

薔薇の花びらを一枚づつむしり取り、泣きのベット。渡辺理緒のステージをこんな淋しい想いで見た事は無い。重く切なく、深く沈み込む。悲しいほど渡辺理緒は美しかった。美しければ美しく見えるほど悲しかった。そしてこんなに迫力のあるベットシーンは、リオ隊の私でさえ、かつて見た覚えがない。

 非常にまずい事に目頭が熱くなって来た。
 盆の上にいる渡辺理緒の事がぼやけて見えない・・・

 何度指で眼をこすっても、渡辺理緒が見えない。
 渡辺理緒は水中で踊っているのか?
 見えないんだからこれ以上書けない! どうすりゃいいんだ・・・

 ま、待ってくれ! 行かないでくれ!
 もっとずっとここで踊っててくれ!

 渡辺理緒は躊躇することなくステージへと戻って行く。
 そこへ行ったら戻って来れなくなるんだぞ!

リオさーん! 場内から絶叫する声が聞こえて来る。
誰もが同じ気持ちで渡辺理緒の事を見つめている。

渡辺理緒の耳にも、その叫び声が届いているはずだ。

しかし、その声を振り切るようにして渡辺理緒は客席を振り返り、ファイナルステージの幕は閉じられ、ここに封印されたのだった・・・

この時の真っ赤な照明が引き潮のように消えて行く様は、これで確実に一つの時代が終わったと思わせる、切ない瞬間だった。拍手は鳴り止まない。やり場の無い淋しさを、拍手をする事でまぎらわしているとも、12年間の功績をねぎらうような、あたたかな拍手とも言える。

渡辺理緒のいなくなったステージは、こんなに大きくて広い舞台だったのかと、あらためて銀映の広さを思い知らされる。それなのに、渡辺理緒が踊っていると、これでもステージが狭いと思うのはなぜなのだろうか。

拍手の音も消え始めたその時だった!

朝の窓辺に優しく射し込む光の一筋が、暗い場内を照らすように、穏やかな曲のイントロが・・・!



渡辺理緒ファイナル・フィナーレと言うべきステージが始まったのだ!

渡辺理緒はまぶしいピンライトの中に立っていた。
その顔は踊りきった、私は12年間チカラの限り懸命に踊りぬいたんだ! と言う自信と満足感に満ち溢れた、すがすがしい笑顔だ。場内から再び大きな拍手と歓声が沸きあがり、本当のファイナルステージが始まった。

渡辺理緒は純白のスパンコールのスーツを身にまとい、一歩、一歩とステージの床の感触を確かめるように歩き始める。興奮したお客達が口々に「リオさーん!」と呼びかける。それにまじって「12年間お疲れさまー!」と言う叫びも聞こえて来る。

渡辺理緒はそれらの声にほほえみで応え、両手を大きく拡げて深々とお辞儀をする。
拍手がとめどなく打ち鳴らされる。胸が熱い・・・

花道の付け根、シモテから一輪の薔薇の花がそっと渡辺理緒に差し出された。
ありがとうと言いながらその花を受け取ると、そのとなりの席にいた人からも、一輪の薔薇の花が差し出された。渡辺理緒はもう一度かがみ込んで、その花を受け取る。するとまたその隣の人からも一輪の薔薇の花が・・・

次々とバトンを渡すように差し出される一輪の薔薇の花は、渡辺理緒をそのまま盆の上へと導いて行く。その時、「リオねぇさぁーん!」とひときわ大きな声で瀧川詩織が渡辺理緒の事を呼び止めた。
渡辺理緒はその声に振り返り、瀧川詩織を見た。

瀧川詩織は、客席から盆に身を乗り出すようにして花束を差し上げていた。
渡辺理緒はゆっくりと瀧川しおりを見つめながら花束を受け取りに行く。瀧川詩織は踊り子でありながら、これまでずっと渡辺理緒をサポートするスタッフとして、ひたすら影から渡辺理緒を支えて来た人である。ホント、地味な活動を忍耐強く続け、今このファイナルステージに渡辺理緒が立つ事が出来る、一番の功労者と言える。献身的なすごくいい人ですよ。私はこの子大好きです。

渡辺理緒は瀧川詩織から花束を受け取ると、しゃがんだまま瀧川詩織を強く抱きしめた。瀧川詩織は抑えきれなくなった感情を爆発させ、渡辺理緒の腕の中で声をあげて泣き始める。場内から温かな拍手が贈られる。瀧川詩織隊の面々も、思わずもらい泣き。

瀧川詩織隊は自分の応援している踊り子・瀧川詩織がステージに立っていなくても、瀧川詩織を温かな眼で見守りながら、瀧川詩織の応援する渡辺理緒のステージ運営のために、深くかかわってくれた心優しい人達であり、アンサンブルローズの舞台セット製作や、ピンクマーメイドの岩など、自前のトラックを提供して運搬してくれたりと、リオ隊にもできない地味な活動をして、影から直接的な支援をしてくれたのである。

ホントに渡辺理緒がステージに立つために影から支えてくれたスタッフは、数多く、これほど多くのスタッフがサポートについている踊り子と言うのも、他ではありえないだろう。
リオ隊も瀧川隊のみなさんには深く感謝しているのだ。

名残惜しげに瀧川詩織が渡辺理緒から離れると、その後ろにはヨーコさんが花束を持って立っていた。ヨーコさんはそっと花束を差し出すと、盆の上の渡辺理緒を見つめながら、顔をクシャクシャにして泣き出してしまった。あまりにもストレートな感情を出すヨーコさんに、私もとうとう涙が止まらなくなってしまう。

もう誰一人無駄な抵抗をする人はいなくなった。流れる涙をぬぐうことも無く、みんな渡辺理緒の引退に、それぞれの想いに涙している。

ヨーコさんは渡辺理緒に抱きしめられながら、その腕の中で子供のように思い切り泣いていた。
仁科ちあきもあーん、あーんと声を上げて号泣、デビューから引退まで見守った弟子、渡辺理緒にも
大きな思い入れがある。渡辺理緒は仁科ちあきの細い肩を抱きしめながら、思う存分泣かせてあげた。

真咲凌、自分の引退を控えながらも、渡辺理緒がなんとかデビューまでこぎつけさせ、優しく見守っているストリップの踊り子としての最後の弟子となった。真咲凌は自分が手芸で作った、手作りの髪飾りを渡辺理緒の髪につけてあげた。渡辺理緒は髪につけてもらった髪飾りをうれしそうに客席へ見せる。拍手が沸く。

そのあと続々とファンの人達が渡辺理緒に言葉をかけながら、花束や千円札のレイを渡辺理緒の首にかけたりと、それぞれの熱い想いを胸にプレゼントの贈呈が行われた。

その場面は、渡辺理緒とそのファンとをつなぐ、心と心のふれあい、虹の架け橋のように光り輝く夢のような時間だった。そしてその間、ずっと渡辺理緒は微笑を絶やす事なく、まるで「聖母マリア」が銀映のステージに光臨したような錯覚さえ覚えさせたのだった。

サクラの花びらが延々と舞い落ちる中を、渡辺理緒はステージへと向かってゆっくりと歩いて行く。
その背中を場内のすべての人々が拍手をしながら見送る。



愛ある別れの時・・・
人の人生は出会いと別れのリフレイン・・・
今は別れる事になったとしても、いつかまた会える時がきっと来る。

だから「サヨナラ」は言わない・・・
さぁ、みんな涙をふいて笑顔で見送ってね。

いつかまた、みんなと再会する事の喜びを胸に抱きしめて
みんなの事はずっと忘れない
笑顔で見送って・・・







渡辺理緒☆12年半の劇場生活に幕を閉じました。
ほんとに素敵なメンバーと共に過ごした引退興行☆たくさんのお客さんからの応援、愛がいっぱいの引退興行&ラストステージ。感動でした。

イメージ通りのサクラが降り続く中での〃Never Say Goodbye〃
予想外の女の子達との泣きながらの抱擁。
大好きな薔薇とのステージ。
たくさんの応援の中、感謝の気持ちでいっぱいです。
ほんとにありがとうm(__)m

リオ隊のみんな♪・・・素晴らしい応援をありがとう!いつも愛がいっぱいで、みんなのおかげで頑張ってこれました。感謝していますm(__)m お疲れ様でした!そして、ありがとう!

新庄隊のみんな♪・・・いつも節目の時に一緒のことが多くて、感動をたくさんいただきました。今回もお世話になりっぱなしで、、、感謝していますm(__)m
いつか、、、妹の時には手伝いに行きますね。
ほんとにありがとうm(__)m

詩織隊のみんな♪・・・階段作り、人魚の岩や荷物運び、毎日のスタバなど、ほんとにお世話になりましたm(__)m ありがとう!

名古屋常連さん♪名古屋銀映の社長、従業員さん♪
長い間お世話になりました。第三のホームと言えるくらいお世話になり、数々の思い出がたくさんあります。ラストステージ☆イメージ通りに終えれました。
ありがとうございましたm(__)m

ヨーコちゃん♪・・・最後に一緒に仕事できて良かった。復帰してからは、お世話になりっぱなしで、ほんとに色々ありがとうm(__)m
楽しかった(^O^)
最後まで、いっぱいの愛をありがとう!

真咲凌ちゃん♪・・・無事にデビューを見届けてから引退できて良かった。いつも気遣い、愛をありがとう(^O^) 最後も素敵なプレゼント☆ありがとね!
まだまだこれから、色んな事があると思うけど、初心を忘れず頑張って下さい。

華月蓮ちゃん♪雪美ちゃん♪・・・ラストまで見届けてくれてありがとうm(__)m
嬉しかったよ!

ちあき♪・・・わざわざ松山から駆け付けてくれて、ほんとにありがとうm(__)m 出会った時から、最後まで愛がたくさんだったね。
ちあきに見届けられて嬉しかった!これからはプライベートでしか会えなくなるけど、毎年会えるようにしようね(^O^)

新庄愛♪こと妹へ・・・今回の引退興行の出演☆ありがとうm(__)m 今回の名古屋では、アンサンブルローズの歴史や思い出を振り返る事が出来たり、お互いの思いを発見できたり、相変わらずの愛がいっぱいのステージをありがとうm(__)m アンサンブルローズは最高です。こんなに感動するステージは、なかなか味わえないから少し淋しいけど、最高の思い出です。
ほんとに愛をいっぱい感じました。ありがとう!

詩織ん♪・・・10日間のスタッフ生活☆ご苦労様でした。休憩時間もほとんどなく、大変だったと思います。詩織んのおかげで、10日間乗り切れました。
出会った時から、ほんとにたくさんの愛をありがとうm(__)m

ラストステージに〃薔薇の封印〃を選んだ理由は・・・リオ隊の中に薔薇の封印が好きな人が多い事、ホームページのタイトル名が〃ブルーローズ〃、チーム名が〃アンサンブルローズ〃
そして、楽日前、妹が私のイメージは〃薔薇〃と言ってくれたこと☆
締め括りは〃ジャズマニア〃も考えましたが、〃薔薇の封印〃しかないと思い、ラストステージに選びました。

応援に来てくれた皆さん♪協力してくれた皆さん♪
全ての方に感謝です。

ありがとうございました。


渡辺理緒



そして・・・
ステージの幕は静かに閉じられた。

だが、拍手は鳴り止まない。誰も渡辺理緒への拍手の手を止めようとしない・・・
座っていた観客達はみな立ち上がり、さらに嵐のような拍手が場内に鳴り響き、その音はやがて規則正しく、そろいはじめた。ざ、ざ、ざ、ざ、ざ・・・

アンコール! アンコール! アンコール・・・

そんな声がそこかしこで起こり、幕がしまったままのステージへ向かって、怒涛のごとく打ち寄せる。

アンコール! アンコール! アンコール・・・


突然閉じていたステージの幕がゆらり! と小さく揺れたかと思ったその時!

目もくらむような光に照らされて、ステージの幕が左右に大きく開いて行く!

ア、アンコール? 渡辺理緒が純白のスーツのまま、ステージに登場!



リオ隊のツートップリボン部隊が、がぜん張り切りだした。
渡辺理緒が踊り始めたのはなんと! オープンショー♪ しかも宝塚ではなく、リオ隊・リオファンには一番馴染みの深いフットルースだ。

あはは♪と笑い声も聞こえて来るにぎやかなラスト・オープンショー! メソメソと少々湿っぽくなっていた場内の空気を一喝する絶妙な曲だ。渡辺理緒の本当にホントの最後のステージは、やっぱりお祭り騒ぎで締めくくりか。(爆♪)

やっぱそうこなくちゃね♪
うなるタンバリン! やかましい手拍子! 飛び交う無数のリボン! 舞い散るサクラ吹雪!

場内は興奮のるつぼとかし、渡辺理緒は衣装を着たままのオープンショー!
客席では、ゆきみ愛が付き添い役として母の最期のステージを、娘に観劇させている。
娘はもみじまんじゅうの・・・じゃない! もみじのような手を叩きながら、不思議そうな顔して母のステージを勉強している? 末恐ろしきかな。(爆♪)

おっと! カミテのシロさん、サクラ入りリボンを投げようとして手をすべらせ、リボンごと投げて来た! あっぶねぇー! と身をかわしてよけるシモテ・リボンのたっちゃん。目を丸く見開いて、やばっ! と顔を引きつらせたシロさん! (笑)

ステージでは久しぶりにリボンで「ミノ虫」状態になり、オープンショーなのに身動きができずに、もがくリオさん! それでもさらにリボンは雨あられのごとく降り注ぎ、サクラは嵐のように降りかかる! それを面白がって笑う観客たち。スタッフとして渡辺理緒の事を影から支え続けた瀧川詩織も、客席から何度もリボンを投げて自分自身の花道を飾る。

投げられたリボンや紙テープがリオさんの足にからまって、ステージに戻れず、あせりまくるリオさん。(爆♪)

いやぁ〜♪ もうたまらん♪ 最高! 最高のオープンショー!
笑い、涙、歓声、鼻水をすする音・・・

2分27秒の最後の渡辺理緒のステージは、本当にこれで全部終わった・・・

たった2分27秒の短いオープンショーの中には、12年半に及んだ長い渡辺理緒の踊り子としてのすべてが詰まっていた。そしてそれは、渡辺理緒と言う偉大な踊り子を追っかける事に、エネルギーを燃やし続けたすべての人達の、貴重な時間と人生を濃縮した「濃い!」想いが詰め込まれた、渡辺理緒と共有できる最後のドラマだったとも言えるのではなだろうか。

渡辺理緒を取り巻く踊り子達やリオ隊の胸の中には、共通する複雑な思いがあった。
それは、幼い娘を一緒に連れての一ヶ月間にもわたる引退興行、それがどれほど過酷な事かを知っている。でも、一日でも、一時間でも、少しでも長く渡辺理緒のステージを見ていたい。と言う想いと、毎日休憩時間もろくに取れずに、ハードスケジュールに体力を消耗して行く渡辺理緒を見るにつけ、いつもどこかで心の葛藤があった。

「もういい! 一日でも早く引退興行を終わらせてあげたい・・・」

正直言って、銀映の楽日を向かえ、堂々と最後まで踊りきった渡辺理緒の姿を見て、誰もがホット胸をなでおろしたと言う側面もあった。

よく頑張った、ホントに最後まで倒れる事無く、頑張ったねと・・・

とてもたくさんの人が渡辺理緒にかかわり、手伝い、サポートを買って出てくれて、渡辺理緒は困難を乗り越える事ができたと思う。渡辺理緒に悔いの残らない最高のステージを踊らせたいと言う気持ちが、多くの人にそう言う衝動を起こさせたのである。

渡辺理緒が踊るステージは、いつも誰かの「夢」を乗せていたのである。
渡辺理緒が踊るステージの輝きは、渡辺理緒自身と渡辺理緒を愛する人たちの心がひとつに溶け合って、とてつもないエネルギーを生み出していたのだと私は思う。

「おつかれさま」と言う言葉よりも、私からは「ありがとう!」と言う言葉を渡辺理緒に贈りたい。

ギャンブラーと言う作品のストーリーで、ギャンブルで稼ぎつつ、その日暮らしで夢などと言うものは持った事が無い男が、シカゴのショー劇場で一人のダンスの上手なダンサーに出会い、この女をブロードウェイのステージに立たせ、トップスターに育て上げると言う「夢」を、生まれて初めて持った。と言うストーリーがある。

私はこのストーリーに出てくる「ハンサムでナイスガイのギャンブラー」ではないが、私がいつも渡辺理緒を見る時の眼は、そのギャンブラーの男と同じ気持ちだった。渡辺理緒と言う踊り子は、私の「夢」だった。渡辺理緒のステージを見ていると、どんどん私の「夢」もふくらんで行く。

そんな渡辺理緒が、2006年8月20日の銀映を最後にステージを降りた。
華々しく光り輝きながら、巨星・渡辺理緒は夜空高く流れ星となって旅立ったのだ。

はたしてこれからの渡辺理緒がどんな日々を過ごして行く事になるのかは分からない。
それでも私はトート閣下のごとく、呼べばいつでも来てあげる、友達さ♪ と、少し気取って書いておこうか。(笑) きっとまた何かのおりに、渡辺理緒はとんでもない企画を立ち上げてくれると思うから、私はその時が来るまで休憩してるよ。

ただ・・・ 呼んでくれないと、来てあげられないからなァ〜 はははっ♪

渡辺理緒よ、あなたは永遠にみんなの、そして私の「夢」そのものです。

続く・・・



[ INDEX ] [ 観劇日記 ]