もずのわくわく劇場日記 No.161


2007年 1月 8日(月) わらびOS劇場

ゆきみ愛・大みそ日から出ていますぅ♪



新年明けましておめでとうございます♪
もずのわくわく劇場日記も、通算161本目のレポートになります。
まぁ、ページ数にするともっといっぱいあるけどさ。

いつもね、年が変わるたびに新しいフォルダを作ってるんだけど、2000、2001、2002、2003、2004、2005、2006、そして今年で2007と、8個目の観劇日記用フォルダが出来たよ。アドレスバーで、ディレクトリー見てもらえば分かるんだけどね。

何で観劇レポートは、ブログの方に書かないのかって言うと、ちゃんと意味があるんよ。ブログって、基本的には日記でしょ? 過去ログとか見ないっしょ? 自分ではね、観劇レポートは作品として書いているつもりなのと、これだけ長い間観劇レポ書いてるとさ、ある意味文化的データベースみたいな意義が出てくると思うの。すでに引退してしまった踊り子さんのステージとかのあの日、あの時、あの瞬間? たとえばそれがレポには書いてなかったとしても、その時代のレポを読む事で、人それぞれに思い出すひとコマみたいな物があると思うのYO! いや、別に急にYO! なんてヒップホップ調にしなくてもいいんだけどさ。(爆♪)

ブログって、新着記事がメインな訳じゃん? でも、HTML で書いたホームページって言うのは、むしろ古い記事が見やすく一覧表になって、何年前の記事でも読みたい記事をすぐに見つけて読める、しかもそう言う記事がだんだんと年を重ねる事によって資料としての付加価値が高くなって来ると思わない? だってさ、ブログとかじゃ急に「安藤有里」とかのステージレポ読みたいって思っても中々見つからないじゃん? 新庄愛が鮎川みれいだった頃の、その日その時のライブなステージレポとか読みたいって思っても、中々みつからないし、無いって言ってもいいくらいじゃない? でもそう言うレポがもずさんの観劇日記には記録されていて、一覧表から見つけられちゃう訳よ。

去年は渡辺理緒さんが引退しちゃって、もうこれで自分のホームページも閉館してしまおうかなと、ずっと悩んでいたのね。もう去年いっぱいでやめちゃおうって。でもさ、いつも自分のHP見に来てくれる人もいるし、やめるのはいつでもやめられる訳だし、頑張れるうちは頑張ろうかなって思い直したのね。

昔、ゆきみ愛ちゃんとしゃべってる時に 「あたしは物事をやり始めたら何があろうとも10年は頑張るの。それは、良くても悪くても、10年やったらきっと何か形になると思うから。」 って言うのさ。しっかりしてるよね、ゆきみ愛ちゃん。そんなゆきみ愛ちゃんとSNAで出会って今年丸10年になります。

思えばゆきみちゃんとは色々あったなぁ・・・ もうさすがに10年応援してるとお互いに考えてる事分かるって言うか、テレパシーみたいな感じで分かり合えちゃう事ってたくさんあるね。そうそう、面白いエピソードがある。ゆきみちゃんが踊り子10周年を迎えた時、なんて言ったと思う?

「10周年ってさぁ、なんかすごくハンパじゃん? だからあたし踊り子まだやめない。」

普通は10年って言ったらキリが良いし、この辺でもういいかって思うでしょ? 全然ハンパじゃないじゃんね。私は「お? おぉぅ・・・」って思わずうなづいたりしたんだけどさ。(笑)

最近のゆきみちゃんは良く「あたしが踊り子をやめない理由」って良く口走るけど、言わなくたって私にはおおよそ見当が付くよ。ま、言わないけどさ。(笑)

私はそんなゆきみちゃんに物事を継続するチカラをもらったような気がするので、結局今年も現役で観劇日記を続けようと決意しました。ちなみに、今ゆきみちゃんが私について、何を思っているのか当ててみましょうか? ヘソが曲がっています♪ (笑)
何でかは内緒YO! (^_-)-☆

名古屋銀映で2006年12月30日に楽日を向かえ、今年は家で年を越すのかと思っていたら、大みそ日からいきなり? わらびOSに出ると言う。そう言うスケジュールってありなの?(爆♪)

「いつ来るんだYO!」

「銀映? いかないYO! 遠いじゃん銀映なんてYO!」

「渡辺の時には来たクセに、あたしの時は来ないつーの? 」とぐっとこらえていたと思うが、最近めったな事では怒らなくなったゆきみ愛は、「そんならわらびの時は来てよ。」とだけおだやかに言った。

そして年が明けて2007年、新年会やるから3日においでと言うのだが、私はそれどころではなかった。おそるおそる、あのねぇ・・・ 今リオさんからの頼まれ事があって、どうしても手が離せないから無理なの、行けないYO! と言うと、最近ホントききわけの良くなったゆきみちゃんは、「そうなの? それじゃしょうがないわね、じゃ、それが終わったら来てちょうだいね。待ってるし♪」と気持ちよく言ってくれた。

そして数日が過ぎ・・・

「そろそろだよねぇ〜♪」

な、なんだこの意味深な返事はいらないと言うような、つぶやきメールは?
すっとぼけていよう。(爆♪) って言うか自分で私に用事を言いつけておいて何言ってんの? まだ出来てねぇよ。ったくぅ〜!

「あのね、来る時いつものマツキヨで20本買って来てね。じゃっ!」

はぁ? また小間使いやれって? なんだかなぁ〜!

「おい! いつ来るんだよーっ!」

あのなぁ・・・ 毎度ゆきみちゃんはこんな感じ。(笑)

大宮駅から京浜東北線に乗り、駅5つ目のわらびOS駅に降り立った私は、駅を出ると右に曲がり、トボトボと歩き、わらびOS劇場の前を通り過ぎる。何でって、オロC20本買うためよ・・・

横断歩道を渡り、マツキヨへ入って行くと・・・う〜んと、どこにあるんだ? おお、あのあたりかな? あれ? リポビタンD、ユンケル、アルギンZ・・・ 無いじゃん。と言う事はあそこか♪ レジの脇の方に・・・ 無いじゃん? 何でぇ? いつもこのあたりにあるんだけどな? あれぇ? バラ売りしかやってない。そっか、10本パックじゃなくても20本ありゃいいんだ♪

私は買いカゴにオロCを入れたのだが、全部買い占めても20本無いや。しょうがないか、えっと、明日とあさっての分だけ間に合えば・・・ 一回一本×8ステージ=8本。二本足りない・・・ まぁいっか♪

買い物袋をガチャガチャ言わせながら、劇場の階段を登り、入場料5000円を払い、場内へ入る。うぎゃぁ〜! なんだこの暑さは・・・ ともかく暑さを避けて、大ホールから二階席へ移動する。あぁ、あの便所の脇の喫煙所の事よ。すると、あぁ、もずさんお疲れ様ですと声がかかる。誰だ!

なんだ、ゆきみ隊のHさんじゃないですか♪ お久しぶりですね。と言ったところで、次ゆきみさんですよと言われ、舞台を見ると真っ赤なエナメルのコート? に身を包んだゆきみ愛ちゃんが登場して来た。時計を見ると、午後4時半ジャスト! なるほど、ゆきみちゃんからいわれてた通りの時間だ。

えっと、タンバリン・・・うん、誰もたたく人はいそうにないからいらないか♪
喫煙所から一歩降りた階段の上で、舞台を見下ろすような位置で観劇開始!

重厚でヘヴィーなロックのBGMが流れ、ゆきみ愛はカミテ側に立ち、シモテ側を向いて間合いをはかり、ファーストステップを踏み始めた。

199X年、地球は核の炎に包まれた・・・
あらゆる生命体は絶滅したかに思われた・・・
しかし、人類は死に絶えてはいなかった。キラーン☆!

You are shook! 愛で空が落ちて来る〜♪
You are shook! オレの胸に落ちて来る〜♪
熱い心、鎖でつないでも今は無駄だよ!
邪魔する奴は指先一つでダウンさぁ〜♪

オレとの愛を守るため、お前は旅立ち〜
明日を〜 見失った〜
微笑み忘れた顔など 見たくは無いさ〜
愛を〜 取り戻せ〜!

お前はすでに死んでいる・・・
ひでぶー!

ゆきみ愛はブログで新作は「北斗の件」と言っていた。これがそうか! そうなのか? って言うかどこが北斗の件なんだ? 曲違うじゃん・・・ いや、私は北斗の件って聞いていたから、当然この曲で始まるもんだと思っていたのだが、どうやらそうではなかったようだ。(爆♪)

やっぱしゆきみ愛ちゃん、ハードロックが良く似合う。腰の振り方がキレてるもんね。あっと言う間に真っ赤なエナメルのコートを脱ぎ捨て、黒のプレーン・ベルベットのトップ&パンツに、ゴールドのラインで飾られた上品な衣装で踊りまくる!

さぁ、ここで目を引くのは微笑を浮かべたゆきみ愛の顔! 目元! 口元!
不自然な高さで見ている私の事をチラリ! と見て、何事も無かったかのような表情で踊っている。しかし、その心は・・・

「あいつ・・・なんてところで見てるんだよ、そんなところにいないでもっと近くに来ればいいのに。って言うかタンバリンはどーしたんだよぅ? 応援隊なんだからタンバリンぐらいたたけつーの! ( ̄^ ̄) 」

まぁ、そんなところだろう。(笑)

ゆきみ愛はオープニングナンバーを踊り終えると舞台へ戻り、素肌の上にシースルーのベット着を羽織る。首の周りから胸元へかけてフリルが一列に並んだ群青色・・・(^^; いや、デュープブルーのナイトガウンである。足元は黒いレザーのロングブーツ。靴の先っぽも妙にとんがっていて長い。

ピアノのBGMが流れ出す。それもこれでもかと言うほど盛り上がるようなシンフォニックバラード。へぇ〜・・・ ゆきみ愛、最近こんな曲でベット踊ってるんだぁ? 芸風変わったのかなぁ・・・

(*^_^*) 踊りは別に変わってないわぁ♪
盆に座って、後ろに手を付いて、ちょっとのけぞってみて、髪を掻きあげてみて・・・
みたいな♪ そんでブリッジ! 拍手をもらったら、ゆっくり立ち上がって、そろりそろりと舞台へ戻って行って、ポーズ切って、照明が落ちておしまい! と言う流れ。

花電車やるからね、ダンスは一曲、ベット一曲なの。

カゴと紙袋を持ったゆきみ愛が、控えのスペースから段差を「よいっしょ!」と、またぎなながら舞台に再登場。わらびOSはね、舞台のバックスクリーンに出入り口があって、舞台の裏側が楽屋? 控えの空間? になっているの。そんで、舞台に登場する時は、ちょっと高めの段差をまたいで上がって来るようになってる。一応わらびに来た事のない人のためにプチ解説してみた。

舞台に上って来たゆきみ愛は、とりあえず客席を見回して、そことそこの人! 座席入れ替わったでしょ? とか言いながら、空気入れを取り出して言う。

う〜ん、結局このあたりにいる人にやってもらうしかないかぁ・・・

そう言いながら風船と空気入れを、花道の付け根あたりにいるお客さんへ渡す。ははは♪ 私は遠くにいる。(爆♪) 風船と空気入れを渡されたって事は、とりもなおさず、吹き矢のマトになるわけで・・・ マトになるお客さんが自分で空気入れを使って、風船をふくらまして、舞台に立つと言う完全自己責任システムが導入されているのである。できるだけ大きく風船を膨らませないと危険なわけで・・・(笑)

お客さんがヒーコ、ヒーコと風船をふくらましている間に、花電車ショーは進行して行くのである。ゆきみ愛が盆まわりのお客さんとおしゃべりしている。

そうなの? ふぅ〜ん・・・(ヒーコ、ヒーコ・・・)
お客さんさっきからずっといるよね?(ヒーコ、ヒーコ・・・)

空気入れの音、うるさいなぁ。あぁ、もっと大きくふくらませないと、風船割れないって言うか、吹き矢が跳ね返っちゃうよ? 大きくふくらんだら、ちゃんと口のとこしばっておいてね♪

ゆきみ愛はカゴから吹き矢の筒を取り出し、ではタバコを飛ばしますと言って、どこへ飛ばそうかとあて先を探している。ん? 筒の先が私の方を向いた。しっかり受け取って♪ と言いながら、スッポン! 放物線を描きながらタバコが私のところへ飛んで来た。ゆきみ愛の狙いは正確だったが、私は受け取れなかった。

ちょっと! ちゃんと受け取らないとダメじゃん! も〜! ( ̄^ ̄)

ごめん、飛んだ時は見えたんだけど、途中で見失ったんだよ!悪り〜ね!

そしてオロナミンCのキャップ開け、あれ? ワンステージで二本も開けてンのぉ? とすると、私が買って来た本数じゃ楽日までもたないじゃん・・・ まぁ気にしないで置こう♪

さて、リンゴの皮むきショー。
手際良くリンゴをサバいて行くゆきみ愛。

腹へったなぁ・・・ リンゴ食いてぇ〜 テレパシーを送るか。
このレポートの冒頭にも書いたが、ゆきみ愛とはもう10年来のお友達であるので、黙っていても以心伝心。考えている事はお互いにテレパシーで分かるんですよ。だから私がリンゴが食いてぇ〜とテレパシーを送れば、さりげなくゆきみ愛はこっちに来て、リンゴを食べさせてくれる。私は腹が減っているので、ゆきみ愛にテレパシーを送る・・・

「リンゴが食いたい、リンゴが食いたい、リンゴが食いたい・・・」

ゆきみ愛はスッと盆から立ち上がり、では風船割りやるからステージの上に上がって来て。と言って、先ほど風船をふくらませていたお客さんをステージにスタンバイさせた。あれぇ? リンゴは? リンゴちょうだいよ、腹が減ってるんだってばぁ、リンゴ・・・

うん、10年の付き合いでも気持ちは伝わっていないようだ。(爆♪)
風船は2、3発吹き矢を放ったところで、見事に割れたのだった。
そして忘れないうちに買って来たオロCを袋ごと盆の上にそっと置いた。
するとゆきみ愛はそれに目を留めて言う。

「ありがと、これで今週はもう買いに行かなくてもいいや♪」

お客さんたちは私がゆきみ愛の熱烈なファンで、差し入れをしたものだと思い、うぉ〜! と言う歓声を上げた。いや、そんな気の利いたプレゼントなんかじゃないんんだけどな。応援隊の雑用をひとつこなしただけの事よ。でもせっかくだから、プレゼントをゆきみ愛に渡したような振りをしてごまかしたのだった。(爆♪)

花電車ショーが無事に終わると、ポラショーになった。
ゆきみちゃんのポラは、もういっぱい持ってるから今日はいいや。
売れ行きもいいみたいだしね。

で、ポラショーが終わるとオープンショー!
曲は・・・

残酷な天使のように、少年よ神話になれ〜♪
青い情熱がいま、胸のドアをたたいても
私だけをただ見つめて、ほほえんでるあなた〜
だけどいつか気づくでしょうその背中には
はるか未来目指す羽があること〜

うお〜!エヴァンゲリオン! タンバリンたたきてぇー!
私この曲大好き♪ タンバリンはカバンの中、出すのめんどくせ〜!
いいや、手拍子で。(爆♪)

おしまい!


[ INDEX ] [ 観劇日記 ]