もずのわくわく劇場日記 No.163-1


2007年 4月 1日(日) 若松劇場

牧瀬茜&若林美保「MAW MAW(マウマウ)」
〜蝶と桜の物語〜 観劇日記編



春というにはあまりにも暑い新年度、4月1日(日)の関東地方。
家を出るのに上着を着ていこうか、着て行くまいかと悩むことしきり・・・
夜になると寒くなるかも知れないなぁ・・・
と思いつつも結局暑いので、シャツ一枚で出発!

JR総武線に乗る前に、まずJR中央線に乗り御茶ノ水駅までのんびりと進む。だって特別快速なかったんだもん。(爆♪) しかも! 総武線は各駅停車の鈍行列車。こりゃ1回目には間に合わんかな? と焦る気持ちは抑えつつ船橋へと向かった。

船橋駅へ着くとすでに上演時間はとうに半分過ぎているが、チームショーは後半だからまだメシを食う時間くらいはあるやろ♪ と、アソコのセブンイレブンで焼きそばパンとコロッケパン、そして缶コーヒーを購入。うん、まるで刑事が張り込みをするような感じだ。(爆♪)

ともあれこれをどこで食うかだ。そうそう、アソコに公園があったっけな♪ そこのベンチで食うかなと行ってみたら、公園には桜の木があって民間人がテーブルを出して花見をしているではないか! これはちょっと・・・ おにいちゃん、こっちに来て一緒に花見せぇへんか? と声を掛けられても困るし・・・ やめとこ。(笑)

しょうがないので、路地に入って適当な住宅街のブロック塀によっかかって焼きそばパンを食っていた。うん、この紅ショウガが美味しいね♪ (*^_^*)モグモグ・・・ そうして個人的な昼食を住宅街の路上で楽しんでいると、一匹の蝶々ならぬ一人のガキ、いや、坊ちゃんが補助輪付きのチャリンコに乗ってこちらにやって来た。私は気にもとめずに焼きそばパンを食っていると・・・

「おじさん、何してるのぉ? はぁ〜! パン食べてるぅ!」

そう言ったかと思うと、補助輪付きのチャリンコをガラガラガラ・・・ と鳴らしてどこかへ行った。なんだあいつは? まぁいい。私はそのまま焼きそばパンを食い続けていた。するとまたガラガラガラ・・・ と言う補助輪付きのチャリンコの音が聞こえて来たと思ったら・・・

「ほらぁ、あそこ見て! おじさんがパンを食べてるでしょォ〜?」

な、なんだ? さっきのガキ、いや、坊ちゃんはもうすこし年かさのお姉ちゃんを連れて戻って来たのだ。なんだよぅ・・・ うるさい奴らだなぁ・・・

「ほ、ホントだ! おじさんがパンを食べてるぅー!」

姉のお嬢ちゃんまでそんな事を言いながら、私を指差して駆け足でどっかへ行った。
オレって怪しい人? なんだかなぁ〜・・・( ̄^ ̄)

焼きそばパンは食べ終わり、いよいよコロッケパンを開封するに至る。やわらか〜い♪ うん、うまっ♪ と、私は観劇前の腹ごしらえを続けていた。バタバタバタ! 今度は足音を立てて何かがやって来る! な、なんだ?

「ねっ! ママ、おじさんがパンを食べてるでしょ?」

はぁ? な、なんなんだ? コラッ! 見世物じゃないつーのに! 子供も子供なら、母親も母親だ! いちいち親子そろって見に来るこたぁ〜ねぇだろつーの! すると私を見た母親は子供たちに言った。

「見るんじゃありません! あのおじさんに食べられちゃうわよ!」

そう言って親子はどこかへ消えた。な、何だ今のは・・・ 路上でパンを食ってたらいけないのかい! 子供を食うならもうちょっと美味そうな子供を食うわい! ふん! 都会ではな、みんな歩きながら物を食ってるんじゃい! (爆♪) さっさと劇場に行こうっと! ( ̄^ ̄)

そうしてやって来た若松劇場。では、さっそく入場♪

場内へ入ると丁度ポラの真っ最中。誰だろう・・・ もしかしたらチームはこれから初日一回目が始まる前かな? と言う事は、ムフフ♪ 間に合ったのかぁ♪ ともあれどっかに座りたいなぁ・・・ おっ♪ シモテ側の最後列、ヘの15番の席が空いているぞ! 今日はタンバリンも持って来てないし、アソコでいいや♪

今日の座席は決まった! ステージはポラの最中、某おにいちゃんは来ていないようだし、私の知り合いは誰もおらんようやし、完全な一般客としての観劇モードやな。
ではロビーでしばし休憩タイム♪

そしてざわつく場内の音。おぉ、ポラが終わったようである。さっそく場内へと戻って私もスタンバイするかな♪ うふふ♪ わくわくするぅ〜♪

ステージには黒い幕が引かれていて、その幕の裏側では照明が点いていて、完全に重なり合っていない幕のすき間から、ステージの上を行き来する踊り子さんの足元が垣間見える・・・

「スタンバイOKよ。」

そんな声が小さく聞こえて来た。なんかドキドキしてくる・・・

次回へと続く・・・


[ INDEX ] [ 観劇日記 ]