もずのわくわく劇場日記 No.167-4


2007年 11月18日(日) ニュー道後ミュージック

もずさんの道後遠征日記



【目次】


[ 楽屋でポラの裏に書いたサインを見てきゃぁ!と驚く綾瀬ナナ ]

ここで、一つある男を紹介しておこう。「神村右狂」と言う男だ。
通称「神村さん」。この男は渡辺理緒さん時代からのお友達で、ギャンブラーである。(爆♪)
競馬の予想を得意としており、的中率は神業的である。ただし、勝ち馬投票権をみずから購入する事はなく、もっぱら予想屋に徹している。またパチンコでも半端じゃないくらいの腕を持っている。ストリップ劇場の入場料もパチンコで稼いだ資金で劇場にやってくる。(爆♪)

ゆえに、パチンコで負けると劇場に来るのを渋る。遊びに自腹を切らない主義らしい。私と同じだ。(爆♪) 私も今回の道後遠征の旅費、食費、入場料、ポラ代、おみやげ代、すべてインターネットで自動的に入って来た資金でまかなっていたのである。自腹は切っていない。(爆♪)

今回の道後への遠征費は、おおよそ総額で5万だったのだが、全部インターネットのアフィリエイトと呼ばれる物の収入である。皆の衆、ネットを徘徊しているとよくアフィリエイトで毎月100万円の収入を得られる・・・みたいなおいしい広告を目にすると思うが、私が実際に試行錯誤しながらやっているが、毎月100万! なんて言うのは「あおり」であり、「ガセネタ」の類であるので、その気になって、広告のうたい文句にだまされてはいけない。

良く言われる事だが、月に一万円売上の上がるブログを、100個作れば毎月100万円の収入を得られる。と、簡単に言ってくれるが、ブログを100個、100サイトも作れるか!つーの!マジでそれをやっちゃう人もいるにはいるが、よっぽどのヒマ人か、狂気の人である。

私が実際にアフィリエイトなるものをやってみて、まぁ、普通の人は頑張って月に5万円ってもんだね。それも、アダルト系の物をやらないと思うように売上金額は伸びない。Amazonや楽天みたいな効率の悪いものだけでは、月に一万円の収入を稼ぐのに相当な努力と時間を費やさなければならないだろう。

私がコネを使って踊り子さんのDVDを作ってネット販売しているけれども、人によっては「もずさんは踊り子さんのDVDですごい儲けているらしい。」みたいな事を言う人がいるみたいだが、私自身は正直、ほとんど儲けなんてものは出ていないのである。うん?意外?

あのね、踊り子さんのDVDはね、本人が劇場で自己販売してるんで、私の通販から買う人はあんましいないんですよ。(笑) 若林美保さんのDVD「舞姫吟醸」もね、やっとこせ美保ちゃんに払ったギャラの分を回収出来たくらいで、まだ撮影に使ったホテルの宿泊費や機材の購入に使った資金は依然として回収出来てない。(笑)

それなのに、道後の場内にいるとツカツカと人が近寄って来て・・・

「もずさんですか? 若林美保ちゃんの舞姫吟醸見ましたよ。若林美保ちゃんの事は、劇場の踊り子さんとしてしか知らないので、普段の素顔をみられたような気がして、すごく面白かったです。第二弾を作る予定はないんですか?もし出たら、また買いますよ!」

むふふ♪ そう言ってくれるんですが・・・

若林美保ちゃんの「舞姫吟醸」のビデオ撮るのに、製作販売までこぎつけるのに、いくらかかると思ってますぅ? あのDVDの製作費はね、およそ10万かかってるんですよ。元金うんぬんじゃなくて、利益が出てればね、第二弾作りたいですがね、投下資金さえまだ全部回収出来てないんだからさぁ。(笑)

一説にはネームバリューの大きな若林美保を起用してるのに、DVDの販売価格が安すぎるよ!と、不評を買っている一面もある。あの若林美保なのにDVDが二千円や二千五百円つーのは、若林美保の価値がまったく分かって無い! だそうな。DVD買ってくれるお客さんの方からそんな風に言われるとは、私は考えてもみなかった。(笑)

そもそも美保ちゃんはさ、DVD作るならギャラは現物支給でもいいよ。自分で売ってそれをギャラにするからと言ってくれたのだけども、まさかそう言うわけにもいかないでしょ? わざわざあの、若林美保ちゃんがあんな所まで撮影のために来てくれるんだし。一応お仕事なわけだし、それ相応のギャラくらい払わないとね。

と、言う事で舞姫吟醸第二弾は・・・ やります。(爆♪)

えっ? やるんかい?(笑) 自分で自分を笑うもずさん。
うん、やるよ第二弾。でも来年ね。資金ためてからじゃないと闇雲にやる!やる!と吠えてみても虚しいだけやからね。今はまだ企画を色々と考えてる段階。まぁ、私も色々他人から言われてるみたいだけど、もずさんみたいな変なヤツが一人ぐらいいないと、舞姫吟醸みたいなのは一般のメーカーみたいな所では作れないし、踊り子さんの企画物みたいなDVD欲しいと思ってる人たちも見ることが出来ない訳だから、アホと言われようがなんと言われようが、私がやる事の意義はあるよね。(笑)

さて、そんな話はさておいて・・・・

綾瀬ナナちゃん、面白い出し物やってたのが4回目の香盤。
今回の道後遠征は、荷物ががさばるのが嫌だったので、タンバリンは持っていかなかったんだけども、先ほど紹介した「神村さん」が、たまたまタンバリンを持って来てた。せっかくタンバリンあるのに叩かないの? と言うと、いや、オレはいいよ。というので、私がそれを借りて叩く事にした。

でも神村さんいわく、そのタンバリンねぇ、音がしょぼいよ? 安物だし。と言って貸してくれたが、綾瀬ナナちゃんがステージに登場したのでタンバリンを叩き始めると、ありゃ? ホンマや。なんか音が小さいな、ベルの歯切れがいまいちだ。つーか、人に借りておいて文句言うなって言う話。(爆♪)

で、もっと変な事に気がついた。綾瀬ナナちゃんの一曲目、三三七拍子やん? なんやこれ? どう叩けばええんや・・・ おわぁ! タンバリン振れない! チャッ・チャッ・チャ! チャッ・チャッ・チャ! チャッ・チャッ・チャッ・チャッ・チャッ・チャッチャ! この繰り返し。(爆♪)

しょうがないので、手拍子で叩くようにタンバリンを叩く。なんかオバQがどうのこうのって歌詞の曲だぞ? あぁ、それで綾瀬ナナちゃんオバQみたいな衣装着てるんかぁ・・・おもろいな♪

二曲目から普通のノリの良い曲に変わって、気分良くタンバリン・リン♪
ベット入りから綾瀬ナナちゃんは官能的なスタイルに変わって来て、ベットではオナベット。ア〜ン・・・ う〜ん♪ OH! YEAH・・・ OH! YES・・・シーハ、ショーハってなあえぎ声が聞こえて来る。って、欧米か!(笑)

禁断のオナ、オナベットは綾瀬ナナちゃんが痙攣を起こして終了。ピクピクピク!
浴衣のお客さんってこう言うの好きだよね、まったく。(爆♪)

ポラショーになる。
綾瀬ナナちゃん登場して最初の一言は、「何か聞きたいことある人ー!」
はぁ?(笑) そんなのいいからポラ売りなさいって話。(爆♪)

3回目の時の話。
こんにちわー!ポラ撮りまーす♪と言って取り出した千円札。
二枚ですか?と問いかける綾瀬ナナちゃんに、声高らかに私は言う。
一枚!
つかさず突っ込みを入れてくる相棒の神村さん。
千円出して一枚かい!
だって次の回もあるんだから、一枚でいいでしょーよ!
せっこいなぁ、もずさん!
せこいとはなんだ!
まぁまぁまぁ、まだ次の回もあるんだから良いじゃないですか。とステージの上から私と神村さんをたしなめる綾瀬ナナちゃん。(笑)
で、ポーズはどんな感じに? と聞いてくる綾瀬ナナちゃん。
何でも良いです♪ とアバウトなもずさん。
じゃぁ、こんな感じで・・・ と斜にかまえて、顔の横で手のひらを開いてパ〜♪
カシャ!
どうも♪と言ってポラ返却の時のために裏にサインをしてと言うので、渡されたマジックでサインを書くもずさん。それをすぐにひっくり返して表を向け、綾瀬ナナちゃんと言うよりも、まわりにいるお客さんに見えないようにして渡した。いや、場内のあっちこっちで私の事をみながら、ヒソヒソと言っているやからが多いのでそのようにしていた。考えすぎ。(爆♪)

そして3回目のフィナーレの時に、ポラが返却された。
なんかそのポラに色々書いてあるので、何が書いてあるのかと見てみると・・・

「楽屋に戻って裏側のサインを確認してみたら、(もず)って書いてあったんで、えぇーっ!もずさんて、あのもずさん? びっ栗した!! 綾瀬ナナです、よろしくです♪」

と書いてあった。面白いな、びっくりの「くり」が「栗」やて。(笑)
綾瀬ナナちゃんらしいチャーミングなギャグやね。
でも別にもずさんで驚く事は何にもありませんって。ゆきみ愛、若林美保いたらもずさんが出没するのは火を見るよりも明らかな事ですから。(笑) でも今週の香盤の中で、いちばん最初にステージみたのは綾瀬ナナちゃんですから♪ ん?ちゃうわ、綾瀬ナナちゃんに会う一年前にゆきみ愛と会ってたか。

そっかぁ、ゆきみ愛ちゃんとは、もう会って10年にもなるのか・・・自分も歳を取るわけだ(笑)

次回へ続く・・・


[ INDEX ] [ 観劇日記 ]