もずのわくわく劇場日記 No.167-6


2007年 11月18日(日) ニュー道後ミュージック

もずさんの道後遠征日記



【目次】


[ 松山空港で怒られたもずさん! ]

久々の道後遠征をして観劇と旧友再会を楽しんだもずさん。
夢のような一日も一夜明ければ、竜宮城へ招かれた浦島太郎のようなもの。
お昼の飛行機で東京へ戻るので、11時にホテルをチェックアウトした後は特にやる事も無く、松山市駅から松山空港行きの路線バスに乗り、時間をつぶすのみ。

たまにはおみやげでも家族に買って行くかと、松山空港の二階にあるおみやげ屋さんへ買い物に行く。一六タルトも、坊ちゃん団子ももう見飽きたし、何かうまそうなお菓子でもないかいなとあれこれ物色するも、コレ! と言ったものも無く、ぶらぶらとして商品棚を見ていると、何だこれ? DVD? 「へんろ道世界遺産」なるものを見つけた。

これどうみても自主制作DVDだろ? スリムプラスチックケースに簡易ジャケット仕様のDVD。何だかいつも私が作っているDVDよりもちゃっちい商品。中身・・・どんなビデオが収録されてるんだろうって、すごく気になる。これはおみやげと言うより、ビデオ製作の参考資料として買っておこう♪ で、いくらするんだ? 1500円? まぁ値段的にはそんなもんか・・・

まぁいい。それよりも美味しそうなお菓子は無いかいな。

ん? 道後温泉チーズケーキ? どんなんだ? パッケージに道後温泉本館の絵が描いてあるから、道後遠征っぽくっていいか♪ と、それを買うことにした。

おみやげがあんましガサばると嫌なので、その二点を購入して今回のおみやげとした。そろそろ時間的にはサービスカウンターで搭乗手続きしておいてもいいかなぁ、と一階へ下りて行く。今回羽田からここに来る時の飛行機は、ボロッちくて、座席も通路側であんまし楽しくなかったので、早めにチェックインして窓側の座席を確保しようと言うのが私の狙いであった。(笑)

先制攻撃は功を奏し、見事にA-22のシートを確保できた。ややうれしい♪ でも出来る事なら、翼の後ろあたりの席が良かったんだけど、A-22はかなり前の方の席なので、フラップの動きとかを窓から観劇?できる場所ではなく、機首の方だったのは少し残念だ。(笑)

座席さえ決まってしまえば、また暇つぶしの時間になるので、とりあえずトイレにでも行ってくるかと、トイレに向かって歩いて行った。すると、「清掃中」と言う看板?が立ててあったけど、男子トイレ側はもう終わっているようなので、問題ないだろうと思い、入って行った。

その時! 突然! 私の背中向かって女の声で激しい口調で怒号が飛んだ。

「ちょっとアンタ! そっちは男子トイレだよ!!」

えっ! やばい! 入口間違ったか? ・・・ん? 男子トイレ・・・だよなぁ?
なに? 何が変? 合ってるよな? オレが女子トイレに入った方が変だよな?

私は背中方向を振り返り、怒ってるのは誰なんだ?とその人を見た。
私に向かって、ゴルァーッ! っと怒鳴ったのは・・・
五十がらみの掃除婦のオバサンであった。

その掃除婦のオバサンは、水のしたたるモップを手に持って、私の背後から3mくらいの位置で立っていた。私とそのおばさんの目と目ががちっ!っと合った。一瞬、お互いに無言の空白の時間があった。私の方から最初にしゃべった。

「女子トイレに入りましょうか?」

するとシゲシゲと、頭の先から足の先まで、私の事を舐め回すように見てから、掃除婦のオバサンが不機嫌そうな顔をし、吐き捨てるような口調で言った。

「まぎらわしいんだよ! 」

そう言ったあと、何事もなかったかのようにどこかへ立ち去って行った。
あのなぁ、髪の毛長いから女だと思うところが、いかにも田舎の人の感性なんだよ! 東京にはな、髪の毛の長い男も五万といるし、刈り上げしてる女も五万とおるんじゃい! 後姿はコギャルでも振り向いたら70代って女もたまにいるわい! 都会の老人は髪の毛の色、みんな紫なんだぜ! ファンキーだろ♪

確かにぃ、わたしゃ髪の毛長いよ! 肩まで届いているわさ。だからって後姿で人を判断するなつーの。でもなぁ〜、いきなり背中越しに怒鳴られたんでびっくり! したわい。女子トイレに入ったら怒られないで済んだのかもしれない (笑)

ちなみに私は「おねぇさん系」ではない。
「ハードロック系」若しくは、「侍系」のつもりなのだが・・・(爆♪)
とんだハプニングだった。

搭乗者ロビーのイスに座りながら、何度もさっきのハプニングの事を思い返して一人で笑っていた。でもむしろその姿の方が気持ち悪く見えたかも知れない。ともあれ、間もなく松山ともまたお別れだ。今度ここをおとづれるのはいつの事だろう・・・ それにしても、渡辺理緒さんが出てこないニユー道後ミュージック、一味も二味も物足りない気がした。

私が乗る飛行機が来たようだ。ってか、あれ? 羽田からここに来るときに乗って来た飛行機と同じ型じゃやん・・・ ちょっとがっくりするも、乗り込んでみたら、今度の飛行機は同じ型でもまだ機体が新しい♪ シートもヘタっていない♪ しかも窓側の席だから外の風景も楽しめる♪ 快適だ♪

と言う事で、帰路約一時間のフライトの後、無事羽田空港に帰って参りました。
さらに、モノレールでも、JR中央線でもずっと座って帰って来れたので、そりゃもうルンルン♪の快適な旅でございました。

ってな訳で、「もずさんの道後遠征日記」 これにて終了ーっ!
ご購読ありがとうございました。なお、コンテンツの購読料金の請求書は後日、個別に郵送いたしますので、くれぐれも料金の未払い、踏み倒し等いたしませぬようお願いいたします。

うそやがな。(笑) あせった人・・・いる? (爆♪)


[ INDEX ] [ 観劇日記 ]