もずのわくわく劇場日記 No.180


2011年 10月 19日(水) わらびミニ劇場

ワラビミニでゆきみ愛と再会編



しばらくリアルでは会っていなかった「ゆきみ愛」ちゃんに、久々に会って来ました。
そうだなぁ、2年振りくらいかな?

ワラビミニ劇場、4回公演/日のうちの3回目と4回目。
ゆきみちゃんの出番は2番目で、関東の劇場出演は今週が年内最後と言う事だから、
ゆきみちゃんのステージを久しぶりに見ようかと。

たしか、ゆきみちゃんのブログでは演目2個出ししてると書いてあったので、
どうしても2回見る必要があったのだ。

最近はコインパーキングが「一日最大xx円」と言う所が多くなり、車で行っても駐車場料金を気にせず車を停めておけるので、時間的にもゆっくりと観劇する事が出来る。

3回目の開始時刻を狙って観劇に出かけ、予定通りの時間にワラビミニへ到着。
劇場内へのせまい階段を上がって行くと、以前? とはシステムがちょっと変わったのか、下のテケツで入場料払わず、半券も無くそのまま階段を上がり、上の今まで半券渡していた所で、入場料を払い、ポイントカードにハンコ押してもらい、場内へ入場・・・この時に「お客さん、写真撮りますか?」と従業員さんに呼び止められ、いきなり唐突に聞かれたので「写真? 撮りません!」と反射的に答えた。

すると、「では中へどうぞ。」と言ってドアを親切に開けてくれたので、「あっ、ありがとう。」と言って場内へ入った。写真って・・・何だ? ワラビミニ劇場入場記念写真か? ポラなら撮るけど、記念写真はいらねぇ〜ぜ! と私は思ったのだ。

タイムスケジュールが20分近く押しているようで、まだ場内は2回目のトリ、
「友坂麗」さんがポラをやっている所であった。途中からショーを見るのが嫌だったので、3回目が始まるのを待ってちゃんと見ようと思い、穴倉へエスケープ。あれ? ここってタバコ吸えなくなったんだぁ・・・

そして、いよいよ3回目のゆきみ愛ちゃんの出番だ。場内暗転、照明が徐々に灯ってステージ全体を照らし出す。ところが、ゆきみ愛がいない! なんだ! 何が起きたんだ! とよく見れば、ステージの床に伏せているじゃん。(笑)そう言う出し物なのか(爆♪)

踊りだしてゆきみ愛が場内を見まわす。視界の中に何気なく私の立ち姿が、亡霊のように見えたのか、「あ、いる・・・」みたいな視線で一瞥し、素知らぬ顔で踊り続けている。

いや、むしろ恐怖に顔をゆがませたのは私の方。上下セパレートの赤いエナメルの衣装、ホットパンツのウエストにお腹がポーン! みたいな? あれぇ? ゆきみちゃん、しばらく見ない間にグラマーになったなぁ。きっとベリーダンスの衣装を着たらよく似合うんじゃないかと。

さて、ポラショーでは相変わらず、ゆきみトーク炸裂! って感じで楽しくやっていたが、ゆきみちゃんは私がポラを撮らない事を良く知っているので、言葉を交わす事も無く、私はずっと暗がりの中にたたずむ亡霊のまま。

オープンショーが終わる頃、ステージ上から口パクとジェスチャーで、四回目もまだ居る? と、ここで初めてアイコンタクトをして来たので、私はウンウンとうなずいた。
香取慎吾ではない(笑)

その後私は、他の踊り子さんのステージを見ていたのだが、入場した時にポラショーをやっていた、あのトリの踊り子さん「友坂麗」のステージを拝見する事になった。そこで私はこの、友坂麗さんのステージに大いに感動する事になる。

和装〜スタイリッシュな洋装〜しっとりとした愛くるしいベッドショー、礼儀正しいお客との接し方。どこを取っても申し分ないステージ。いかにもストリップショーを観た! と思える美しさ。ベッドショーでのピンクの照明が、彼女の白い肌をゆっくりと愛撫するようで、実に妖艶なベッド。しかし、盆が回らないし、もうちょっと光量のある照明で観たいと思ったので、また機会があれば別の劇場で、じっくりと観てみたい人だと思った。

ところで、ゆきみ愛の4回目のステージに移る。この回は別の出し物。

ゆきみ愛は、暗転しているステージの上に、何やら大道具を持ち出したようで、セッティングに時間を取られている。「い〜よ!」の声で音楽と照明がステージに広がった。

大道具はイスであった。おぉ! 衣装がとっても素敵! 黒のビロードベースのドレスに、ピンクスパンコールでラインの縁取りがあり、それが胸元でハートの形を作り出しているもの。ゆきみ愛によく似合っていた。

音楽もポップでロックな調子の良い音楽で、場内でも勢い付いて手拍子が起きている。突然現れたカリスマアイドルゆきみ愛。動きが多いダンスで流れて行くので、ゆきみ愛も大変そうだ。

ベッドでもロックな曲なので、私はシゲシゲとゆきみ愛のお尻を見ているのだが、すごい柔らかそうで、出来るならば指で突っついてみたいと思った程だ。う〜ん、ゆきみ愛、全体的に体つきが丸みを帯びて、とても女性らしさが増したような気がした。

ダンスステージは終わり、ポラショーになる。ゆきみ愛のおしゃべりに、場内和気あいあいとした、なごやかな雰囲気になっている所で、ゆきみ愛が突然私に向かって言う。「チャンスカード持ってるんでしょ?」は? 何チャンスカードって? と意味不明な質問に首をひねる私。

「まさか、持ってないとか言わないでよ? 持ってないの?」

と言うので、私はウンウンと首を縦に振る。

「えぇ? なんでぇ〜? ウンウンとか、うなづいてるしぃ〜!」

すると客席に座ってるお客さんが、入場する時に写真撮るかって聞かれるけど、その時に撮らないって言うと、もらえないんだよ。その人それでもらわなかったんじゃなぁい? と解説してくれた。

どうやら「チャンスカード」とは、ポラショーの時に、そのカードを踊り子さんに渡して踊り子さんとジャンケンをして、踊り子さんに勝ったらポラが一枚無料で撮れると言うサービスカードのようだ。

私はこのシステムを知らなかったので、入場の際に写真撮らないと言ったから、そのカードをもらえなかったらしい。ゆきみ愛は、それをここで利用して欲しかったらしい。だが私は持っていない(笑)

ゆきみ愛は唇をとがらせて、私をまた闇の中で立ちすくむ亡霊にしたのだった。ポラショーも終わり、本日のラスト、4回目なのでオープンショーの代わりに、恒例のプチ花電車ショーを行った。演目は風船割りとオロナミンの二種。

オロナミンは時間短縮のため、5本まとめてである。このやり方は私も初めて見た。「ほら! 時間ないんだから、早く瓶押えて!」ゆきみ愛が私を呼ぶ。怒られてしまった(苦笑)

これで全部ゆきみ愛によるステージは終了した訳だが、ふと気が付くと、今日は一言もゆきみちゃんと、しゃべっていないわぁ・・・ 珍しい事だ。(笑)

私は4回目のゆきみ愛ショーが終わって、しばらくしてから劇場を出た。ストリップ、久しぶりに観劇したけど、楽しかったなぁ〜♪ またハマリそうだよぅ。これがまたクセになって劇場通いが始まっちゃったらどうするんだろ?

ストリップ劇場とは、そう言うところです。
ではまた次回、観劇に行く事がありましたら、またレポいたします。

PS:ゆきみ愛ちゃん、間もなくお誕生日、おめでと〜! これを持ちましてわたくしからのバースデープレゼントに代えさせていだたきとうございます。まぁ、なんて安上がりな事でしょう(^_^;)

またのご来場、心よりお待ち申し上げますぅ〜♪
ではまた♪



[ INDEX ] [ 観劇日記 ]