もずコラム



2016年7月26日(火) 懐かしの・・・が流行ってる?



懐かしのテレビ番組、懐かしのCM、懐かしの昭和歌謡とか。
最近のキーワードはやっぱり「懐かしの」だね。

最近どう言う風の吹き回しなのか、リオさんところのウェブサイト管理人さんが昔のと言うか、リオさんが引退した当時の渡辺理緒さんのホームページを、メモリアルとか言って復活させた。

リオさんファンである私などは、とてもうれしい訳だ。
でも何でなんだろうな(笑)

確かにとても懐かしいのと、あの頃の古き良き時代がそこで甦るのだが、私にとっては弊害が出た。

弊害と言うか(笑)


別に私が個人的にそう思っただけなのだが、メモリアルのそのサイトの中のBBSとリンク集のページに、私がその当時作っていたサイトのリンクが張ってあるのだよ。

もちろんメモリアルな古いサイトの復刻版なので、リンク切れしてても何ら不思議は無いのだけど、私的には不満なんだよね(笑)

ちょうど折も折、昔使っていたドメインがフリー状態になっているのを知って、ドメインを買い戻して別のブログをそのドメインで作っていた。

だからメモリアルページで張ってあるリンクをクリックされると、ぜんぜん違うブログが開いちゃう。

この「MOZU's Room」のサイトって、十何年前にやってたサイトで、その後ドメインを手放したあとは消滅していたのね。

だけどさ、今回リオさんのところの名物管理人さんがメモリアルサイトを公開したので、私のサイトのところがリンク切れになっていたり、なんら関係の無いブログが開いちゃう事が許せなくて、そんならこっちもサイトを復活させようって思った。


作り始めていたブログは撤去して、手放していた別のドメインも急遽買い戻して・・・

その当時のサイトのファイルデータをハードディスクの中から探し出して・・・


みたいな事をやって、やっと二つあった当時のサイトを私も復活させ、あっちの管理人さんには内緒でリンク切れを解消する作業をしていたと(笑)



ところが、やはり古いその当時のサイトってものにこだわったので、wordpress は使わずに昔ながらのHTML形式でサイトを復活させた訳だけれど、「MOZU's Room 」に関しては、データがまったく残っていない。

「シアターずいてん」のファイルはすべて保管してあったが、そのサイトはほぼロック座系の記事を書いているのと、まだ渡辺理緒さんに出会う前に作っていたサイトなので、それを復活させても意味が無いのである。

なので「MOZU's Room 」のサイトは、観劇レポ以外の部分は新しく作った(笑)

久しぶりにホームページ作成ソフトを使ってサイトを作ってみたのだが、あの当時に使っていたソフトと別のソフトなので、いまいち使い方が良く分からない。

このソフトって、ソースコードを直接いじれないの?

しょうがないので、ソフトで作ったHTMLファイルをメモ帳で開いて、テキストモードでソースをいじると言う・・・


ってか、観劇日記なんだけど、そもそも必ずしもまだ終了している訳ではないので、復活もへったくれもないんだよね。

つまり、まだ劇場に絶対行かないとか思っているわけではなく、サイトのURLがあちこち飛んでいただけで、1997年から始まった「もずのわくわく劇場日記」のコーナーは、現在も細々と継続中なのである。

で、面白い事に「二代目げんさんの劇場案内」のサイトも、最近更新始めていたりしてる。

SWEETさんのところはちょっと悲しい状態になっているんだけれど、ここへきて渡辺理緒メモリアルサイトの復活と、何だかんだあの頃のみなさん、劇場に復活したり、眠っていたようなサイトが再び人知れず更新されていたりと、やっぱり「あの頃」が懐かしいのかな?


まあ、悪いこっちゃない。(笑)

最近の傾向として、ストリップ劇場そのものの閉館も相次ぎ、いわゆるストリップサイトさえも人知れず閉鎖や消滅して来ている。

いわゆるストリップサイトと言うのは、ストリップに関する記事に特化しているサイト、ブログの事。

ブログ流行りで誰でも簡単にブログでストリップサイトを作れる時代なんだけども、ブログゆえか、様々な記事の中のカテゴリーの一つとして「ストリップ」があると言うのはご時世ですかねぇ。


なので、せっかくストリップや観劇レポートなどの記事があっても、分散していて見つけにくいんだよね。

昔は観劇レポならこのサイト、交流ならこのサイトみたいに、ストリップに特化したサイトで住み分けができていて、何事もシンプルに簡単にストリップネタにありつけたのだが・・・

ツイッターやフェイスブック、スマホとかの影響で何かと面倒くさい事になってしまったようだ。

良いのか悪いのか、どちらにせよ時流には逆らえん(笑)


そこであえてその時流に逆らおうとする無駄な抵抗をするのがこのサイトなのである!

レスポンシブ? いいえ、対応していません。

スマホ、タブレット? いいえ、対応していません。


インターネットはパソコンでみるモノ、作るものであると私は信じています。(笑)